カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 06月 30日 ( 1 )
免疫細胞の5つの力!

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【2】 一度罹ったウイルスには
       二度と罹らない...記憶力


免疫細胞は、敵を記憶する事ができます。インフルエンザや麻疹(はしか)など感染力の強い病気の予防には、ワクチン接種が欠かせません。

ワクチンは、免疫系に記憶を植え付ける為の薬です。つまり、体内に入り込んだ病原菌を記憶して、二度目の侵入時に素早く反応し、排除する力をつけているのです。

この様に、免疫細胞には 『一度出会った抗原の情報を記憶する』 『特定の抗原にしか反応しない』 という2つの特徴があります。

特に、ヘルパーT2細胞とB細胞のコンビは、病原菌を記憶して、それに対抗する 『抗体』 を作る力があります。

例えば、B 細胞の働きは、 『抗原に合った抗体を作る』 というのが主で、鍵と鍵穴の関係とも呼ばれています。

抗体は、それぞれの抗原を確実に死滅させる働きを持ち、ウイルス性疾患を防ぐ上で、大切な力となります。


      《免疫細胞は敵を記憶する》

ウイルス性疾患、例えば、麻疹は、一度罹ると免疫が出来て、二度と罹らなくなります。これは、免疫細胞が持つ記憶力による作用です。ヘルパーT2細胞が原因菌を覚えて、感染を防ぐ力を身に付けるのです。

       感染・発症

(麻疹の症状は発疹と高熱。現在ではワクチン接種が普及し、感染例はあまりない。)
ウイルスが体内に入り込み、正常な細胞に感染して、10日前後経つと、症状が現れる。

          
         治癒


薬物による対症療法をとりながら、回復を待つ。免疫細胞がウイルス除去をし終わると治癒する
※ B細胞が働いて 『抗体』 を作り、ウイルスに命中させれば回復する。          
          

       二度罹りの予防

(子供の頃に経験していれば、麻疹になる事は無い)
免疫細胞が麻疹ウイルスを記憶。次に侵入された時には直に攻撃し、感染前に除去できる。

※但し、10年以上ウイルスと接触しないと、免疫記憶が消失し、感染する事がある。
[PR]
by kairopapa | 2011-06-30 04:42 | 日常生活