カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
コメ返ありがとうござ..
by まー at 21:21
まー さん...始めまし..
by kairopapa at 19:29
高校1年です。 乳..
by まー at 16:33
りんどうさま... 現..
by kairopapa at 02:15
釣りが息抜きなんですね。..
by pote.myan at 22:34
pote.myanさん..
by kairopapa at 02:39
こんばんは。 お邪魔し..
by pote.myan at 22:57
素敵なブログですね。 ..
by mymyspirit at 19:50
マッちゃん....お疲れ..
by kairopapa at 10:16
こんばんわ~。 中..
by matsu-karu at 21:56
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

 漢方薬 QA

Q 漢方薬はなぜ食前、食間の服用なの?

 食前または食間に漢方薬を服用するのは、胃の中が空の時に服用すれば、吸収が良い
   ことと、その後に食事を取れば、胃への刺激も緩和されるなどの理由からです。


Q 漢方薬は長く飲まないと効果がないの?
   どれくらい飲み続ければ良いの?

 病気の種類や軽重によって早く効くのもあれば、長く掛かるものもあります。特に漢方薬
   だから長く飲まないと効かないとは一概に言えません。

   例えば、食べ過ぎや飲み過ぎによる一過性の胃腸症状や軽い風邪などの急性病では、
   処方が合えば一服で効果が現れる場合もあります。

   一方、慢性的に経過する病気や生活習慣病では、長期間服用して初めて効果が現れる
   場合もあります。

   効果が現れるまでの期間は病気や症状によっても異なりますが、1ヶ月服用しても
   思わしくない時は、医師や薬剤師に相談しましょう。

[PR]
by kairopapa | 2012-05-26 01:43 | 日常生活 | Comments(0)
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

漢方薬Q&A

Q 漢方薬を他の薬(西洋薬または他の漢方薬)
                  と併用しても良い?


 漢方薬は、本来、漢方医学の症状を基にした処方によって使用されるもので、病名によって使用される西洋薬とは使われ方が異なります。

しかし、西洋薬と漢方薬は対立する薬ではなく、両者の長所を生かし、より優れた治療効果が得られる組み合わせも存在します。

例えば、糖尿病治療の場合、血糖値を下げる西洋薬と末梢神経障害などの不快な症状を改善する漢方薬を併用することで...

より効果的な治療ができます。詳しくは、医師または薬剤師に確認しましょう。


Q 中国のお土産でもらった
            漢方薬を飲んでも大丈夫?


 中国など海外で買ったり、お土産としてもらったりした 『漢方』 という名前の商品の中には、漢方医学や中医学に基づいていないものも多くあります。

また、日本では禁止されてる成分が入っていたり、生薬 (漢方の原料) 以外の成分入っていることもあり...

安易に利用すると体調を崩したり、予期せぬ症状などが出たりすることがあります。事前に医師や薬剤師に相談した方が良いでしょう。

漢方薬の処方は、証の診立てが命です。本来、漢方医学を得意とする医師がきちんと証を見極め、漢方薬を処方するのが一番です。

証を無視して漢方薬を服用することは、病名も分からないのに適当に薬を飲むようなものです。証と漢方薬は鍵と鍵穴のような関係といえるでしょう。

[PR]
by kairopapa | 2012-05-19 01:06 | 日常生活 | Comments(0)
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

漢方薬Q&A

Q 漢方薬にはどのような種類があるのか?


A、漢方薬といえば、まず思い浮かべるのが煎じ薬です。これは湯剤といって、土瓶などに生薬と水を入れ、加熱して生薬の成分を抽出したものです。

この他に、散剤 (生薬を粉末にして混合したもの)、丸薬 (生薬を粉末にしたものに蜂蜜などを加えて丸く固めたもの)などが昔からあります。

エキス剤は湯剤・散剤・丸剤として服用されていたものからエキス分を抽出し、水分を蒸発させ乾燥エキスとして、西洋薬と同じように錠剤、散薬、カプセル剤などに加工したものです。


Q 漢方薬には副作用があるの?

 漢方薬は、一般的に効き目が穏やかなものが多く、副作用が少ないとされています。正しく証を診断し、定められた処方と服用を守れば、副作用の心配は無いでしょう。 

但し、服用方法を誤れば、症状が悪化したり、発疹や胃腸障害を起こしたりするなど副作用があります。

これは、薬の種類や体質によって、副作用の発生頻度や種類、程度は異なってきます。

薬を飲んだ後、病状の悪化、体調に違和感を覚えた場合には服用を中止し、直ちに医師や薬剤師に相談しましょう。

また、妊娠中の方が服用する際は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

[PR]
by kairopapa | 2012-05-17 20:45 | 日常生活 | Comments(0)
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

3 漢方薬の力

コラム  『食養生』 のススメ


食材には体を温める性質 (温熱性) のもの、体を冷やす (寒涼性) のものが有り、長年の経験により分類されています。

温熱性の食材は、寒い土地や時季に採れるものが多く、寒涼性の食材は、主に暖かい土地や時季に採れる物が多いといわれています。

そして、その中間に位置して、温めも冷やしもしない性質の食材を 『平性』 といいます。

冷え性の人は 『温熱性』 の食材を中心に摂ることが効果的だといわれています。

また、寒涼性の食材を使用する場合は、温熱性の食材と組み合わせたり、加熱調理したりすることにより、寒涼の性質を弱めることができます。

反対に、体の熱っぽい症状には寒涼性の食材を摂ることで熱を収めるとよいでしょう。それぞれの症状に合わせて、バランスよく食べることが健康のコツです。


自然属性   

寒性・涼性 = 牡蠣、ナス、大根、ホウレン草、キュウリ、トマト、ゴボウ、スイカなど。
〔効 能〕  = 体を冷やす   〔陰性食材〕

平性     = 鶏卵、豚肉、キャベツ、大豆、ジャガイモ、シイタケ、リンゴ、ビワなど。

温性・熱性 = 鶏肉、牛肉、エビ、アジ・イワシ・マグロ、ネギ、人参、サクランボ、桃など。
〔効 能〕  = 体を温める   〔陽性食材〕

[PR]
by kairopapa | 2012-05-13 00:17 | 日常生活 | Comments(0)
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

3、漢方薬の力

  (じょうやく) (ちゅうやく) (げやく)
(3) 上薬     中薬     下薬


生薬は、その性質に基づいて上薬、中薬、下薬の3つに分類されています。
生薬の配合は、上薬を中心に、中・下薬を定められた比率で組み合わせて行われます。


<上薬>

命を養うような生薬であり、即効性は無いが、副作用もほとんどない。毎日摂取することで体の治癒力を高め、別の薬の副作用を軽減したりするもの。

主な生薬 : 人参(にんじん)、甘草(かんぞう)、菊花(きくか)、五味子(ごみし)など。

<中薬>

比較的穏やかな作用で、新陳代謝を活性化したり、精を養ったりするもの。

即効性もある程度期待できる生薬。大量に服薬しなければ、副作用も無く薬効を期待できる。


主な生薬 : 柴胡(さいこ)、葛根(かっこん)、麻帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)など。

<下薬>

作用は極めて強く、しばしば副作用を伴うもの。正しく使えば病気を治す効果が優れているが、摂取量や摂取期間に注意が必要。

主な生薬 : 大黄(だいおう)、附子(ぶし)、半夏(はんげ)、桔梗(ききょう)、
         黄柏(おおばく)など。

[PR]
by kairopapa | 2012-05-09 22:30 | 日常生活 | Comments(0)
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

3、漢方薬の力

(2) 漢方薬ってどんなもの?


漢方薬は、漢方医学に基づいて処方される薬のことで、生薬を原料としています。

生薬というのは、自然界にある動植物のうち、植物の葉・花・つぼみ・茎・枝・根、また鉱物や昆虫など、長い経験の中で効き目があるとされた物質を利用しやすく、保存や運搬にも便利な形に加工したもののことです。

例えば、動物由来の原料は、生のままでなく、蒸したり、塩水に浸して干したり乾燥させ、砕いたり、挽いたりしてしています。

西洋医学で使用されている医薬品と漢方医学で使用されている漢方薬は、元々は同じ天然の草木類を利用していました。

しかし、西洋医学では生薬に含まれる有効成分だけを抽出して、精製、純化することに成功し、少ない量で効能を得ることを可能にしたのです。

更に、成分を科学的に人工合成できるようになり、量産化や均質化が可能になり、現在では生薬を使うことはほとんどなくなりました。

医薬品は、有効成分が単一で、切れ味が鋭く、即効性がある為、感染症の菌を殺す、熱や痛みをとる、血圧を下げるといった1つの症状や病気に対する直接的な治療に適しています。

一方の漢方医学では、生薬を複合して用いることを伝統的に守り続けています。生薬は成分数が段違いに多く、薬効成分以外のものも含まれ、薬理作用が複雑多彩です。

長い歴史の中で、それらの処方を様々な試みとして繰り返し、優れた処方のみが残されているのが特徴です。

幾つもの生薬を組み合わせて作られた薬で、慢性的な病気や全身的な病気の治療など、複雑・多彩な症状に効果を発揮します。


● 生薬の例

植物  クズの根(葛根(かっこん)、ショウガの根茎(生姜(しょうきょう)、
     アンズの種子(杏仁(きょうにん)、シャクヤクの根(芍薬(しゃくやく)、
     コガネバナの根(黄ごん(おうごん)、ハトムギの種子(よくいにん)、
     シソの葉(蘇葉(そよう)...など

動物  鹿の角(鹿茸(ろくじょう)、カキの貝殻(牡蠣(ぼれい)、
     牛の胆嚢にできた結石(牛黄(ごおう)...など

鉱物  含水硫酸カルシウム(石膏(せっこう)、炭酸カルシウム(竜骨(りゅうこつ)、
     硫酸ナトリウム(ボウ硝(ぼうしょう)...など

茸類  サルノコシカケ科マツホド(ふくりょう)、
     サルノコシカケ科チョレイマイタケ(きょれい)...など


漢方薬は、これらの生薬を単独で使うことはあまりなく、2種類以上の生薬を組み合わせて調合したものが使われます。
[PR]
by kairopapa | 2012-05-07 21:51 | 日常生活 | Comments(0)