カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
排毒システムを大事にしていますか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

3、 毒素と戦う主力部隊...肝臓

毒素が体内に入ったり、体内で作られると、体は敏感に反応・察知して、様々な所で解毒したり、体の外に排出しようと試みます。

解毒の役割を担っているのは...主に肝臓です。血液と共に流れ込んだ毒素は、ここで処理されます。ところが、肝臓が疲れていると...

解毒しきれなかった毒素が血液を介して全身を巡り、最後に皮膚上で排毒や解毒の作業が行われるのです!


(1) 肝臓は血液の解毒工場

肝臓は、脂っこいものや甘いものをどんなに放り込まれても、アルコールで虐められても、何一つ文句もいわずに黙々と働いています。

そして、肝臓の内部には、痛みを感じる知覚神経が通ってない為、痛みが現れ難くつい見過ごされてしまいす事からも 『沈黙の臓器』 といわれます。

肝臓は予備能力の高い臓器で、健康であれば安静時には全体の9分の1程度が働くだけで、代謝や解毒などの役割を果たす事ができます。

更に、肝臓は極めて旺盛な再生能力を持っているので、70~80%を切り取ったとしても、残りの肝細胞によって、4~8週間で再生します。


(2) 肝臓が元気でいる為に

解毒の中心的役割を果たしている肝臓が、元気に本来の働きをする為には、肝臓に送り込まれる血液の状態が良くなければなりません。

肝臓に血液を送り込む血管は....① 肝動脈 ② 門脈 の二つです。


① 肝動脈

心臓から出ている大動脈が分かれた枝状の血管です。酸素が豊富に含まれた血液を肝臓に送っています。肝臓の細胞が元気に働く為に、重要な役割をしています。

② 門脈

小腸で吸収された栄養を豊富に含んだ血液を肝臓に送っています。但し、腸の働きが悪いと、毒素もそのまま流れ込んできます。

肝臓では、肝動脈と門脈の2本の血管が入っていき、肝静脈という1本の血管が出て行きます。つまり、肝臓に入ってくる血管が2本ある為、他の臓器に比べて血液をたっぷり含んでいます。
続きます...

[PR]
by kairopapa | 2011-05-31 04:28 | 日常生活
排毒システムを大事にしていますか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

2、 『毒素』 『滞り』 『硬直』 の三角関係

体には、血液やリンパ液と共に生体エネルギーが流れています。東洋医学論では、これを 『気・血・水』 といいます。

生体エネルギーは...『気』 の流れにあたり、血液とリンパ液はそれぞれ 『血』 と 『水』 にあたります。

この三つの流れは川の流れと同じで...どこかに滞りができると、そこにヘドロが溜まります。これが...毒素となるのです。

『気』 の流れは、主に筋肉や腱に沿って...或いは筋肉や腱を流れています。ですから、流れが滞ると、筋肉や腱が硬直します。つまり、体が硬くなるのです。

また...その人の体質や生活環境によって、滞りやすい所が変わるといわれます。従って、ある人は肩が痛くなり、別の人は腰が痛くなったりします。

痛みを伴わなくても...筋肉が硬くなる事によって、動きが鈍くなる事もあります...


☆ 硬い体は毒素に支配されている証拠!

①~③の異なる姿勢をとって、体の各部分の柔らかさをチェックしてみましょう。

① 立ったまま前屈して、握り拳が床につくかをチェック

② 壁に向かって立ち、壁に手をついて真直ぐ前傾姿勢をとる。アキレス腱をシッカリ
   伸ばしているかをチェック

③ テーブルを背にして、肘を使って後ろにもたれた姿勢をとる。足の裏が床から
    離れていないかをチェック

[PR]
by kairopapa | 2011-05-30 01:02 | 日常生活
排毒システムを大事にしていますか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

1、老廃物が体の外に現れるメカニズム

漢方では 『食が血となり、血が肉となる』 といわれます。食べた物が血液になり、血液が体を養っているという事です。食べ物は胃腸によって消化吸収され、血液内に取り込まれます。

その他、血液には水分や肺から吸い込んだ酸素、内分泌臓器で作られたホルモン、骨髄の中で作られた赤血球、白血球、血小板などの有形成分が存在します。

このように、様々な有形成分を含んだ血液は、体内の隅々まで送られて、各臓器に栄養素と水、酸素を配給し、それぞれの器官を養っています。

一方...各器官の代謝の結果、作られた老廃物の大部分も、血液に入ってきます。そして、水に溶ける物は腎臓から尿として、揮発(きはつ)する物は肺から呼気として排泄されます。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-29 00:06 | 日常生活
毒素ってなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

3、老廃物・毒素を出す事の大切さ

毎日少しずつでも便や尿の出が悪い、汗をかかない、十分に息を吐けていない...など、体の排泄力が低下していると、血液や様々な臓器に老廃物が溜まってきます。

例え微量の老廃物、毒素があっても、それが何年間も血液に混ざって全身の細胞を何時も刺激し続けると、老廃物の為に中毒を起こしてしまいかねません。

このように、体調不良や病気は、体の中の老廃物や毒素などの汚れが起こしていると解かっています。ですから、病気を治し、健康を維持する為には、先ずは老廃物や毒素を出す事が大切なのです。

『風邪をひく』 といいますが、これは 『冷え』 を体に引き込んで体調を崩してしまう事です。そして 『熱』 を出す、クシャミを出す、咳を出す、痰を出す、発疹を出す、下痢をする、....など出す事によって回復へと向かいます。

生命を維持する上で一番大切な 『呼吸』 は 『呼(は)いて吸う』 というように出す事が先である事が文字の順序で示されています。

『ギブ・アンド・テイク』 もまず人に与えてから自分が受けることが社会生活上も肝要ですし、 『出入り口』 というのも出る方が先です。

つまり、健康の為に取り入れることばかりに目が向けられがちですが、出す事ができない限り入ってくる物は無く...川も河口を堰き止めれば流れが澱むように、出してから入れないと全てが上手く流れていかないのです。

また、昨今の清潔志向は、汗を止める、口臭を消す、便の匂いを消すというように、大切な排泄反応を嫌うものばかりです。

表面上だけ綺麗にしても、かえって体の中に老廃物や毒素を溜め込んでしまう事もあります。

スポーツやサウナで大量に汗をかいて、それをサッパリ洗い流した時の爽快感は、誰でも経験した事があると思います。

これらは、脳からβーエンドロフィンが分泌された状態なのです。すると、ナチュナルキラー細胞の活性が高まり、免疫力が高まります。

この事からも、出した時にこそ、心身ともに健康度がアップするといえるのではないでしょうか。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-28 01:01 | 日常生活
毒素ってなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

② 体の外から入る毒
        体の中で作る毒

《体の外から入る毒》

☆ 病原菌、ウイルス


誰もが思い浮かべるのは、いわゆる病原菌やウイルスで、明らかに体に悪さをする事が解っているので、これらを毒素といってよいでしょう。

☆ ミネラル
 
ミネラルは体にとって必要なものですが、中には砒素(ヒソ)、水銀、アルミニウムなど微量であっても悪さをするものもあります。

体の外から入る毒  ⇒ 食品・飲料など
   〃     〃   ⇒ 紫外線・電磁波など
   〃     〃   ⇒ 空気、病原菌、ウイルス、粉塵など
   〃     〃   ⇒ 医療行為、薬、注射、レントゲンなど

体の中で作る毒    ⇒ ストレス
   〃     〃   ⇒ 疲労・乳酸
   〃     〃   ⇒ 窒素化合物
   〃     〃   ⇒ 冷え


《体の中で作る毒》

☆ 乳酸
 


スポーツをして筋肉が緊張すると、乳酸などの疲労物質が発生します。それらが蓄積されると筋肉痛を引き起こします。このように、乳酸は痛みをもたらすので、毒素といってよいでしょう。

☆ 窒素化合物

タンパク質由来の物質で、腎臓で排泄・代謝される物質の内、尿素窒素、クレアチニン、尿酸など、尿毒症を引き起こす原因となる物質をいいます。

腎臓に運ばれた血液は、糸球体を通る間に濾過(ろか)され、体に必要なナトリウムやアミノ酸などは尿細管という部分を通る間に再吸収されて血液に戻されます。

逆に、尿素窒素やクレアチニンなど、体にとって不要な物は尿として排泄されます。しかし...

腎臓の働きが低下して、尿中に排泄されなければならない有害な物質や老廃物が溜まると、体内のバランスが保てなくなり、尿毒症を引き起こします。


【毒素】ってなに?

『毒』 の上の部分は、 『生』 が変形したもので、 『草の芽生え』 を示しています。下の部分は、子を産む 『母』 です。

何れも新しい生命を誕生させるほど強い効能を感じさせ、いわゆる害を与える、毒を表すような象形はありません...

おそらく、その昔、薬草のエキスを採って滋養に用いてたのですが、常用したり、多量に摂取すると効能が強過ぎて体に害を及ぼした頃から、このような字形となったのではないでしょうか。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-27 01:34 | 日常生活
毒素ってなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

1、あなたの体に溜まっている
        『ゴミ・汚れ』 のサイン


朝...起きると口臭がする、口の中がネバネバする、目ヤニが出ている、鼻が詰っている、尿の色が濃い、便が臭い・・・などの症状はありませんか?

このような現象は全ては、体が 『健康になろう』、『病気を発症しないようにしよう』 としている証拠なのです。この証拠を老廃物・毒素といいます。

私達の体は、食べ物を食べ、水分を摂り、空気を吸う事によって常に一定に維持されています。体の中に入ってきたこれらのもの全てが、

エネルギーや体の組織になつて完全に使われてしまえば何も出てこないのですが、中にはその燃えカスもあります。

それが目ヤニや鼻水...汗...呼気...便、オナラなどの老廃物として、体の外に捨てられていくのです。

これを家庭での生活に例えてみましょう

買ってきた食品が調理、加工されて食卓に並びます。しかし、使い切らなかった野菜クズや容器はゴミとなります。

それも全てが燃えるゴミならよいのですが、燃えないゴミもあります。また、燃えるゴミであっても、燃やせば灰や燃えカスが出ます。これらが環境を汚すとして、今問題になっていますが、体でも同じことなのです。

人間の体には、太古の時代から必要な物は吸収し、害のある物は体内で解毒したり体の外に排出する機能が備わっています。

この働きが衰えた時...病気になるという事がみえてきています。ですから、病気の元となる老廃物や毒素にもっと注意を向けて、

更にそれらを積極的に排泄させる事、血液と体内に溜め込まないことが大切です。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-26 00:22 | 日常生活
目指せ!ピッカピカ生活

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

③ スローライフ編

近年 『スローライフ』 『LOHAS(ロハス)』 という言葉が注目されていますが...実は抗酸化の面からも是非お勧めしたい生活です。

スローライフとは 『人生を豊かにする事を目的とした持続可能なライフスタイル』 のことです。同時に、スピードや効率・成果ばかりを重視する、

慌しい生活や働き方・経済のあり方を見直そうという考えを実践するものでもあります。

LOHASとは、LifestyIes of HeaIth and SustainabiIity の略で 『環境と人間の健康を最優先し、持続可能な社会のあり方を志向するライフスタイル』 を意味します。

アメリカの社会学者ポール・レイらが1998年に全米15万人を対象に15年間に渡って実施した価値観調査から生まれた言葉です。

これらに共通するのは、食べる時間、休む時間、歩く時間、そうした省かれがちな時間、忘れがちな環境への配慮などを改めて見つめ直し、大切にするという考え方です。全て巡り巡って、自分の健康へと繋がっていく事ばかりです。

抗酸化の為には、日頃の生活に気を付ける事、食品を栄養学的な面から認識し、必要な栄養素を万遍なく摂取する事が、非常に重要な事です。

しかし、それらにこだわり過ぎて、かえってストレスを溜める様ではいけません。何より先ず 『毎日を楽しむ』 『食を楽しむ』 事を大切にしたいですね。

これを機に、亀から学ぶ御長寿の秘訣 『スロー』 について、もう一度見直してみるのも良いのではないでしょうか。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-25 00:20 | 日常生活
目指せ!ピッカピカ生活

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

③ スローライフ編

現代は、何かと時間に追われ、せわしない毎日を過ごしてしまいがちです。また、 『早い(速い)こと』 『便利なこと』 が重要視され、食事の面でもファーストフードや加工食品が氾濫しています。

会社では効率よく仕事をこなさなくてはいけませんし、休日や睡眠時間を削らざるを得ないこともあります。しかし、このような生活の代償として、私達の体は酸化の危機にさらされているのです。


☆ 交通量の増加は、私達が吸う空気に多量の有害物質を蔓延させます。

☆ 時間が無いからといって、食材を吟味せず、直に食べられる加工食品ばかりを
   選んでいると、食品添加物の摂取量が増えます。

☆ 唾液の中には、ペルオキシターゼという活性酸素を消去する働きを持った酵素が含まれ
  ています。しかし、早食いをすると噛む回数も減り、折角の唾液の量が激減してしいます。

☆ 眠りを誘発するメラトニンという脳内ホルモンにも、強い抗酸化作用があります。
  確り睡眠をとらないと、メラトニンが夜間中に活性酸素を消去し難くなります。


このように...私達が慌しい生活を送れば送るほど...活性酸素が発生しやすく、折角の抗酸化力を失う事にも繋がりかねません。
[PR]
by kairopapa | 2011-05-24 05:15 | 日常生活
目指せ!ピッカピカ生活

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

② 生活習慣編

日常生活の中で、特に注意したいのが...『タバコ』 『アルコール』 『紫外線』 『運動』 『ストレス』 『X線』 の6つです。

[X線]・・・レントゲン検査は必要最低限に!

健康診断や人間ドックなどでX線 (レントゲン) 写真を撮る事があります。年に1回や半年に1回程度の頻度であれば、先ず問題ありませんが、

軽い気持ちで何回もレントゲンなどの透視検査を受けないように心掛ける事が大切です。X線は放射線の1つで、体を通り抜ける時に細胞の水分に作用して、大量の活性酸素を発生させます。

勿論、検査を受けることの...よって得られるメリットの方が大きい場合や検査を優先させるべき状況もありますが、予防の為であれば、年1回程度が好ましいといえます。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-23 00:23 | 日常生活
目指せ!ピッカピカ生活

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

② 生活習慣編

[ストレス]・・・ストレスは
          活性酸素を増やします


ストレスによって、興奮や緊張状態にあると....交感神経が刺激され、副腎皮質ホルモンが分泌されます。これは、ストレスに対抗するホルモンです。

しかし、この一方では、ストレスを和らげる為に、副腎皮質ホルモンを分解するアミノ酸酵素という酵素が分泌されます。

この抗ストレスホルモンが生成、分解される過程で活性酸素が発生してしまいます...

しかし、ストレスに強くなるといっても中々難しく、仕事においてのストレスは避け難いものです。そんなストレスに対応する為には、自分が如何考え、どう行動するかが鍵を握っています。

その為には、先ずストレスの感じ方を和らげ、溜め込まない事を目標にしてみましょう。そうすれば、活性酸素を増やす危険性は...グッと減るでしょう。


          《健康な心を持つ為に》

① 完璧主義を捨てよう!


何事もキチンとやる事は大切ですが、人間ですから、全てを完璧にできる訳ではありません。少し肩の力を抜いて取り組み、心のゆとりを持つ事が大切です。

② 過去にとらわれず、前向きに考えよう!

物事を悲観的に考える事はストレスをマイナスに変える要因です。過去には決して戻れませんので、こだわりを捨て前向きに、明るく未来を考えるように努力しましょう。

③ 思考を柔軟にしよう!

自分が掲げた目標と現実のギャップはストレスを生みやすいものです。目標を少し下げ、達成率を上げる事で、達成感を味わう事ができます。

また、それが次のステップに繋がる事もあります。考え方を柔軟にし、時には別の手段を考え事も必要です。


④ 一人で抱え込むのは止めよう!

悩んだ時には、一人で抱え込まず人に相談する事も大切です。物事の受け止め方は人により異なり、考え付かなかった解決法を生む事があります。

仕事でも何でも、一人で抱え込む事で許容量を超えてしまうとストレスに繋がっていきます。人に任せる事は人に任せて、成果を分かち合う事も大切な事です。

[PR]
by kairopapa | 2011-05-22 01:01 | 日常生活