カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 48 )   > この月の画像一覧
脂肪酸てなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ オレイン酸

☆ オレイン酸の働きは


● 動脈硬化を予防します

● 心筋梗塞や狭心症など虚血性心疾患を予防します

● Ⅹ線、放射線から体を守ります

● 胃酸過多や胃潰瘍を予防して、改善します

● 便秘を予防して、改善します

☆ オレイン酸が不足すると

● 飽和脂肪酸が多くなると、血中コレステロールが増えて、
          動脈硬化、心臓疾患などに罹り易くなります

☆ オレイン酸は
    こんな人にお勧めです


血中コレステロール・中性脂肪が高い人・
 胃酸の分泌の多い人・肉類や加工食品を多く摂る人
[PR]
by kairopapa | 2010-02-28 18:05 | 日常生活
ごちそう芭菜(はな)に行きました!

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

東広島の、ごちそう芭菜(はな)に夕食に行ってきました...

なかなか、予約の取れない処です...

前から1度行ってみたかったのですが...今夜ようやく予約が取れた!(笑顔)

お店の雰囲気はeよ...

小料理屋風だけどjazzが流れてて...

料理の味もeネ...

小生、お酒が呑めないけど...日本酒に合いそうな料理だよ...

美人の女将さんと無口な大将...仕事中は少し近寄り難いけど(笑)

料理の腕は中々のものだね...今夜の料理は

● 〆鯖とカンパチ...〆鯖が出てきた時にこれは旨いぞ!と食べないうちに確信したね(笑顔)

● 自家製の豆腐も旨かったよ...豆腐に明太子が入っていた!

● 揚げだし大根も旨かった...

● ダシ巻きタマゴ大きくて食べ応えがあるよ小生には多すぎた様だけど...完食しました(爆)

● 〆に焼きおにぎり...味噌が塗ってあって、これが、また最高に旨いよ

● 潮汁が旨い!これだけ食べて5.000円でお釣りがくる...値段も最高だよ(笑)

デジカメを忘れたのが残念です!次回は写真に撮ってきます...

ごちそう 芭菜(はな)
  東広島市西条昭和町4-21
TEL 082-421-2087
営業時間  Pm6:00~Pm10:30(ラストオーダー)
定休日 月曜日...不定休あり

みなさん一度食べに行ってみて下さい!
[PR]
by kairopapa | 2010-02-28 00:18 | 日常生活
お~い!そこの人、今までの健康常識、間違っていませんか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

カイロパパの独り言です(笑)

信じる・信じないは?貴(方)女!次第... 『参考』になれば幸いで~す!


 『食』に付いての嘘・本当?

『海藻を多く食べると禿げない』は本当?ウソ?


歳を取ったらロマンスグレーに成りたい!と願う男性はいても、禿頭の老人になることを望む男性はまずいません!?

しかし現実の問題として、禿は誰にでも必ずやってきます。程度の差こそあれ、毛が抜けていくのは避けられない老化現象の一つです!ロマンスグレーの人も、その運命からは逃れられません!

『白髪の人は禿げない』と言われますが、これはウソです!禿が遅れてやってくる人が、白髪になるだけの話し!?70を過ぎても髪の毛がフサフサの人もいますが、

これは、『白髪だから禿げていない』のではなく、『禿げていないから白髪になっている』のですよ!

『海藻を沢山食べると禿げない』という話をよく聞きますが?これもウソです。海藻類には、髪の毛の栄養となる成分が多く含まれているから『今生えている毛の状態』をよく保つには効果がある!これは本当

しかし、毛が抜けてゆくペースを遅くする効果は?残念ながらほとんどゼロに等しいといえます。まして、新しい毛を生えさせる効果はありません。

海藻類は総じて健康によいもの、しかし、どんな物でも食べ過ぎは体の毒です!昆布、ワカメ、ヒジキにはヨウドまたはヨウ素とも言いますが、豊富に含まれています。

ヨウド(ヨウ素)は不足しても、過剰になっても、甲状腺の異常に繋がります!そこまで行かなくても、例えばワカメを食べ過ぎれば、消化不良を起こします。

毛髪も人体の一部ですから、全身状態が悪くなれば、抜け毛が酷くなる危険はあります。

〝禿という老化現象〟を遅らせるのに〝有効な方法はあります〟〝頭皮を清潔に保つ〟〝頭皮などをマッサージして血流を良くする〟〝不規則な生活を改め、栄養をきちんと摂る〟などです。

しかしながら、どれも決定的な方法ではありません!『進行』を多少遅らせる事はできても、止める事はできません。

海藻を食べれば毛が生えてくるかもしれない!?と考えて、無理に沢山食べてきた人は、今日からでも〝辞める〟べきです。

海藻類に発毛効果はありません!
[PR]
by kairopapa | 2010-02-27 12:16 | 独り言
脂肪酸てなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ オレイン酸

☆ 他の脂肪酸との
   バランスよく摂取する


動物性脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸、更にはn-6系列の多価不飽和脂肪酸の摂り過ぎから、動脈硬化、心臓疾患、アレルギーなどの生活習慣病が引き起こされる事が解り、

オレイン酸を始めとする単価不飽和脂肪酸が注目されるようになりました。それぞれの脂肪酸をバランスよく摂取する事が、健康を保つ上で重要だとされています。

厚生省が1999年に公表した『第6次改定日本人の栄養所要量』では、脂肪酸の望ましい比率は『3(飽和脂肪酸):4(一価不飽和脂肪酸):3(多価不飽和脂肪酸)』で、

脂肪酸全体の約4割を一価不飽和脂肪酸が占めるのが望ましいとされています。2000年公表の『五訂日本食品標準成分』には、各食品に付いての3種の脂肪酸の含有量が公示されています。

n-6系列のリノール酸を豊富に含むサフラワー(紅花)油やヒマワリ油なども、原料の品種改良によってオレイン酸の多いタイプ(ハイオレイック)が作られ、出回っています。
[PR]
by kairopapa | 2010-02-27 01:19 | 日常生活
脂肪酸てなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ オレイン酸

☆ 『地中海式ダイエット』で
    注目された、オリーブ油とオレイン酸


1960年代に世界各国の食生活と疾病に関する調査が行なわれた際に、南イタリアを中心とする地中海沿岸地方では、他のヨーロッパの国々に比べて心臓疾患による死亡率が低い事が解りました。

食生活を比べてみると、この地域ではパスタなどの穀類の摂取量が多く、魚介、野菜、豆、果物などを豊富に摂っています。

油脂ではオリーブ油の使用が目立ちました。周りの国々に比べて肉やバターの摂取が少なく、むしろ日本の食生活に近い摂取バランスである事が解りました。

豚み区や動物性脂質を多く摂っている北イタリアでは、心臓病、大腸ガンが多い事から、民族的な特徴ではないことは明らかです。

オレイン酸の名は、オリーブ油から単離された脂肪酸であることから命名されたもので、オリーブ油はオレイン酸を70%以上含む、代表的なオレイン酸含有食品です。

また、植物油の中で最も消化と吸収がよく、脂溶性ビタミンであるA、E、Kを含みます。オリーブの果肉に15~20%も含まれている油分を絞ったもので、

特有の風味は、パスタ料理やサラダのドレッシング、南欧風の野菜料理、魚料理などに欠かせません。その他ヨーロッパでは、髪の毛や皮膚の美容、健康維持の為に塗って使うことも、広く行なわれてきました。
[PR]
by kairopapa | 2010-02-26 18:16 | 日常生活
お~い!そこの人、今までの健康常識、間違ってませんか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

カイロパパの独り言です(笑)

信じる・信じないは?貴(方)女!次第... 『参考』になれば幸いで~す!


 『食』に付いての嘘・本当?

『ウナギと梅干の食べ合わせは悪い』はウソ!


現在も語り継がれている故人の諺(ことわざ)には、往々にして真実が含まれているものです。明らかに間違った言説や嘘は、長い年月を経つうちに〝淘汰〟されていくのが普通です。

だからこそ言い伝えや諺(ことわざ)には、それなりのリアリティがある訳です!

しかし、古人の言葉といえども、時には間違いやウソもあります。健康についての言い伝えも、例外ではありません!?

代表的なものは、『食べ合わせ』ですかね!『ウナギと梅干はよくない』、『カニと柿はよくない』、『テンプラとスイカはよくない』と言われますが、これに医学的根拠はありません。

両者の成分が結合した時に、腹痛などが生じる可能性はゼロ!です。ウナギと梅干に含まれる成分が、一緒に食べる事で中和される可能性もゼロです!

梅干には酸味があり、梅干を食べながら『腐ったウナギ』を食べると、ウナギが腐っている事に気付き難い...という解説もありますが!たいていの食品は腐れば酸味が出ます。

梅はサッパリしているから、ウナギのような脂っこい物と一緒に食べると、中和剤になる。結果として、ウナギを食べ過ぎてしまい、胃がモタレる事が多い、などとも言われますが、

脂っこい食べ物はウナギだけではありませんよね!ウナギと梅干で問題が起こるとしたら、心理的な影響でしょうね?

下痢の原因にはストレスやプレッシャーといった心因性の物もあります。ウナギと梅干を一緒に食べた時『これは危ない組み合わせだ!』という恐怖を強く感じれば〝腹痛〟〝下痢〟が起きないとは限りません。

昔から言われる『ダメな食べ合わせ』には、サバやエビ、カニやアサリといった『単品でも注意が必要な食べ物』が多く含まれていますね!

劣化しやすい物、消化のよくないものは、何と組み合わせても『要注意』と言えますでしょ!

よく知らているとおり、アレルギー体質の人にとって『毒』となる食べ物はあります!しかし、食べ合わせ(食品と食品の組み合わせ)によって『毒』が生じる事は絶対にありません(爆笑)

1日の献立を考える時『食べ合わせ』に付いては神経質になる必要はありません!

食べ合わせで『体に悪い物質』は発生しない!

TVでも放映まじかです... 
[PR]
by kairopapa | 2010-02-25 17:14 | 独り言
脂肪酸てなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ オレイン酸

☆ オレイン酸は
   体内でこんな作用をします


● 血中コレステロールを減らします

● 胃酸の分泌を調整します

● 腸を滑らかにして、腸の運動を高めます

☆ 動脈硬化や心臓疾患を
    招く心配のない油の成分


オレイン酸はn-9系列の不飽和脂肪酸です。n-3系列のα(アルファ)-リノレン酸、EPA、DHA、n-6系列のリノール酸、γ(ガンマ)-リノレン酸などの多価不飽和脂肪酸とは異なり、一価不飽和脂肪酸に分類されます。

オリーブ油の他、ハイオレイックタイプのヒマワリ油とサフラワー(紅花)油、菜種(キャノラー)油、落花生油、米ぬか油、パーム油(パーム椰子の果肉から採った油)などの植物油に多く含まれます。

牛脂(ヘット)、豚油(ラード)などもオレイン酸を多く含みますが、動物脂には飽和脂肪酸も多いので、摂り過ぎるとコレステロールや中性脂肪を増やす事になります。

オレイン酸の効果に期待するなら、植物油から摂るのがよいでしょう。油脂以外ではナッツ類に、オレイン酸が豊富に含まれています。

一価不飽和脂肪酸には、他の脂肪酸に比べて、〝酸化〟し難いという特徴もあり、他の油より長期間の保存にも耐えます。

体内で発ガンの恐れのある過酸化脂質を作り難く、リノール酸やα-リノレン酸とは違って加熱による酸化の心配もないので、調理にも安心して使えます。
[PR]
by kairopapa | 2010-02-25 08:25 | 日常生活
ブログを始めて...

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

今月の28日でブログ5年目かぁ...

栄養の話を書いているけど、少しは皆さんの為に成っているのかなぁ?

現代病は食源病と習って速いもので約30年!

病気に罹る人多いから栄養(食事)の事など色々書いているけど...

参考になっているのか?どうなんだろう?...

一人でも病気で苦しまない事を願いつつこれからも書き続けようかな

しかし、ボチボチ、ネタ切れになりそうだ(苦笑)

[PR]
by kairopapa | 2010-02-24 17:19 | 独り言
お~い!そこの人、今までの健康常識、間違っていませんか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

カイロパパの独り言です(笑)

信じる・信じないは?貴(方)女!次第... 『参考』になれば幸いで~す!


 『食』に付いての嘘・本当?

『肉は体に悪い』はウソ


朝の続きです

肉類に含まれるタンパク質は、鶏、豚、羊、牛などを平均すると約20%です。単純計算をすると60gのタンパク質を得るには、300gの肉が必要になります。

勿論この300g全てを肉だけから摂取する必要はありませんよ。タンパク質は穀物、魚介類、タマゴなど様々な食べ物に含まれています。

ほかの
栄養とのバランスを考えてトータルで必要量を摂るようにしましょう。但し、肉を控えて植物性タンパク質を沢山摂ろうとするのは、〝本末転倒〟と言わざるをえません。

食品に含まれるタンパク質の『良質度』は、総じて動物性タンパク質の方が高い!これは事実です。タンパク質は『良質タンパク』と『非良質タンパク』の2つに大別されます。

違いは...アミノ酸の比率の違い!!私達の体を形造っているタンパク質、およそ20種類のアミノ酸によって構成されています。

この内の8種類は体内で合成されません。体内では作られないのですよ...その為に食品から摂取しなくてはなりません。

体内で作られないアミノ酸を『必須アミノ酸または不可欠アミノ酸』といいます。必須アミノ酸をバランス良く含んでいるタンパク質を『良質タンパク』といいます。

良質のタンパク質の含有量は総じて動物性タンパク...つまり肉の方が高いのです!

〝タンパク質は必要だ〟だけど、〝肉は体に悪い〟植物性タンパクを摂るのが一番!なんな考え方は捨てましょう。

世界一『長寿国』は日本ですよ!〝日本一の長寿県〟は沖縄です。沖縄県人は豚肉を沢山食べます。『沖縄の人は豚肉を煮て食べるから、脂質の摂取量が少ない...だから長生きする』などと言われます。

まことしやかに、言われていますが、それは〝俗説〟です(苦笑)いいですか!豚肉の脂質が体に悪のなら、豚肉そのものを食べない国...

イスラム圏などの方が長寿世界一になって
当然でしょう!


肉を食べる時の注意点は2つです。1つは、度を越して大量に食べない事。もう1つは、肉だけに偏った食生活を送らない事です。

動物性タンパク質を『危険視』しないこと
[PR]
by kairopapa | 2010-02-24 13:58 | 独り言
お~い!そこの人、今までの健康常識、間違ってませんか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

カイロパパの独り言です(笑)

信じる・信じないは?貴(方)女!次第... 『参考』になれば幸いで~す!


 『食』に付いての嘘・本当?

『肉は体に悪い』はウソ?本当?


健康の為に肉を控えて...野菜を摂ろう~そんなことがよく言われています。しかし、肉は健康維持に欠かせない大切な食べ物!健康の為には、むしろ積極的に食べるべき!!

肉の主成分であるタンパク質は、私達の体を形作っている約60兆個の細胞の『材料』となる物!とても重要な栄養素です。

皮膚や目、髪の毛や各臓器などは勿論、インスリンを始めとする多くのホルモン!全ての消化酵素、或いは免疫系の抗体に至るまで全てタンパク質でできています。

タンパク質の不足は〝免疫力の低下〟〝筋力の低下〟〝知能の低下〟〝胃腸障害〟〝精神的なイライラ〟など全身の不調に繋がります。

肉には脂質やコレステロールも含まれていますが、これが健康維持に欠かせない物、これに付いてはすでに述べたとおりです。

適量を食べていた人が『将来病気にならない様に!!』などと肉食を控えれば、かえって健康を損なう恐れがあります!

いったいどれ位の量の蛋白質を摂っていれば良いのか『適量は』...分子栄養学の世界では、タンパク質(必須アミノ酸)の必要量は、成人で体重の1/1000gが必要です。60kgの方で60gです。

中学1年生14歳で体重の2/1000gが必要量です。40kgの方で80gです。初老(お年寄り)で体重の0.6/1000gが必要量です。60kgの方で36gが要ります。

注意して!60gのタンパク質は、60gの肉と=ではありませんよ!
続きは後ほど
[PR]
by kairopapa | 2010-02-24 09:32 | 独り言