カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ リポ酸

☆ ビタミンC・ビタミンEの代役も務める
                 抗酸化作用


老化や癌、様々な生活習慣病には、体が酸化によって傷付けられる事が関係していると考えられ、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用を持つ栄養成分が関心を集めています。

抗酸化作用のある成分には、それぞれ特定の働きがあります。リポ酸の特徴的な所は、ビタミンCやビタミンEが不足すると、そのピンチヒッターとして働く事ができる点です。更に、CやEの効果を高めてくれます。

☆ 脳卒中にも効果が期待

リポ酸が、脳卒中による脳の損傷を完治させる事が、動物実験によって確認されています。脳卒中による脳の損傷は活性酸素が発生して起こると考えられていますから、

リポ酸の抗酸化作用が働いたのでしょう。人間にも同様の効果があるとすれば、脳卒中の後遺症を最小限度に食い止められるのですから、その効果が期待されます。

☆ 運動をする人ほど摂りたい物です

活性酸素は酸素の消費量が多いほど生成されます。激しい運動をすると酸素消費量が増え、生成された活性酸素が筋肉痛や強張りの原因になります。

抗酸化作用のある物質には、筋肉の回復を早める働きがあります。激しい運動をする人ほど、リポ酸を摂ると良いでしょう。

☆ リポ酸を多く含む食品は

レバーや酵母に含まれています。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-30 01:52 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ リポ酸

活性酸素から体を守る、抗酸化作用の万能選手です。ビタミン様物質で、各種の活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。

体内で生成されますが、歳を取ると共に充分な生成量は望めないので、食品からの摂取を心掛けるようにしましょう。

☆ リポ酸は体内で
      こんな作用をします


● 抗酸化作用。様々な活性酸素から体を守ります。
● ビタミンCやビタミンEの不足を補ったり、効果を高めます。
● 解毒作用があります。
● 肝臓の代謝を良くします。
● パントテン酸やビタミンB1と共に糖質やアミノ酸の代謝働きます。
● 血糖値を正常に保ちます。

☆ 性質は

水溶性でも脂溶性でもありません。体内で全ての細胞に浸透します。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-29 10:27 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ こんな病気や症状には
        こんな栄養成分が必要

☆ 消化器の病気Ⅱ

◎ クローン病


消化官のあらゆる所に起こる炎症性の病気です。小腸や大腸など何箇所にも発症しますが、原因は不明です。主な症状は腹痛ですが、

症状は重い場合も軽い場合もあります。下痢は、非常にひどい場合でも、出血を伴わないのが特徴です。他に、発熱、食欲不振、体重減少、関節炎などの症状もみられます。

症状が重い場合は、絶食のうえ静脈栄養になりますが、軽減に伴い、流動食、粥(かゆ)食、ご飯食へと移行します。

近年、注目されているのは、濃厚流動食を用いた栄養療法で、消化のよい物を積極的に用いて栄養補給する事が良い結果を得ています。

クローン病に効く栄養成分、アドバイスは、潰瘍性大腸炎に準じます。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-28 09:19 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ こんな病気や症状には
        こんな栄養成分が必要

☆ 消化器の病気Ⅱ

◎ 大腸ポリープ


大腸の粘膜にキノコのような突起物(ポリープ)ができる病気です。ポリープの形は様々ですが、肛門に近い直腸やS字状結腸に発生する事が多いようです。

ポリープが小さい場合は症状が余りありませんが、大きくなり、変形したりすると、血便(見た目にも解る下血)や腹痛が起きてくる事もあります。

40歳以上の人に発症する事が多く、可笑しいと感じたら直ぐにでも診察を受ける事が肝要です。ポリープの中には、癌に変化する物もあり、要注意です。

◎ 大腸ポリープに効く栄養素は

食物繊維、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6、グルカンなどです。

【アドバイス】

食物繊維を多く摂って、排便量を増やし、便秘をしない様にする事が大切です。

【チョットメモ】

大腸ポリープの患者では脂肪と砂糖の摂取の増加がみられ、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB6の摂取が少ないという報告があります。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-27 00:08 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。


※ こんな病気や症状には
        こんな栄養成分が必要


☆ 消化器の病気Ⅱ

◎ 潰瘍性大腸炎


大腸の粘膜にタダレや潰瘍ができる病気です。原因はハッキリしていませんが、精神的ストレスや細菌感染、アレルギー反応、自己免疫現象などの要因が関連して起こると考えられています。

症状は、腹痛、下痢、出血が重なります。軽い場合は1日1~2回、血液が少し混じる程度の下痢がみられます。

重症になるに連れ、下痢の回数が増し、血液と共に粘液や膿(うみ)などが混じり始めます。発熱や体重減少も起こり、栄養状態が悪くなるので注意を要する病気です。ストレスが症状を悪化させるので、ストレスを取り除く事が何より大切です。

◎ 潰瘍性大腸炎に効く栄養成分は

EPA、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB群、ビタミンU、葉酸など。

◎チョットメモ

EPAから合成されるプロスタグランジン、ロイコトリエンは抗炎症作用を示すので、EPAが効果を示すという報告があります。

【アドバイス】

下痢が続くと統べての栄養素が著しく損失するので、蛋白質、ビタミン、ミネラルなど充分な補給が必要です。食物繊維などの消化の悪い物は控えるようにしましょう。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-26 12:37 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ パラアミノ安息香酸

☆ 髪と肌の老化を防ぐ


白髪が目立ってきた人はパラアミノ安息香酸を摂ってみましょう。パントテン酸、或いは葉酸と一緒に摂る事で、白くなりかかった髪の色を元に戻す作用があると言われています。また、肌の老化を防いで、皺が出るのを遅らせる働きもあります。

☆ 葉酸の合成を助ける

パラアミノ安息香酸は葉酸の構成成分ですから、体内で葉酸が合成される時に欠かせません。葉酸は、蛋白質の合成に働いて成長を促進したり、

貧血を予防したりと、重要な働きをしています。葉酸の摂取量を増やしたい人は、パラアミノ安息香酸を摂ると効果的です。

☆ 腸内細菌を増やす

パラアミノ安息香酸は、腸内の有用菌の繁殖をよくします。ビタミンB群は腸内細菌によって合成されますから、葉酸を摂れば、他のB群を摂った事になります。

しかし、抗生物質やピルなどを飲んでいる人は、腸内細菌の状態が悪くなりますから、この効果は期待できません。

☆ パラアミノ安息香酸を多く含む食品は

タマゴ、レバー、玄米、胚芽パン、牛乳など。

☆ パラアミノ安息香酸は
     こんな人にお勧めします


貧血気味な人、皮膚の老化や白髪を予防したい人、お酒を大量に飲む人、ピルの常用者、抗生物質を飲んでいる人。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-25 01:25 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ パラアミノ安息香酸

皮膚と毛髪を若々しく保つし、葉酸の合成にも必須なビタミンです。水溶性で、ビタミンB群の仲間です。PABAとも表示されます。

☆ パラアミノ安息香酸は
       体内でこんな作用をします


● 体内で葉酸が合成される時に構成成分として不可欠な物質です。
● 腸内の有用菌の繁殖を促進します。
● 蛋白質の代謝に働きます。
● パントテン酸の吸収を助け、効果を高めます。
● 白髪、シワを予防します。
● 紫外線から皮膚を守ります。

☆ 過剰症は

● 大量に摂ると、不快感、吐き気などの症状が出ます。

☆ 性質は

● 水溶性です。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-24 10:04 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ コリン

☆ 成人病を予防!


コリンは、血管を拡張させて血圧を下げるアセチルコリンという物質の材料になっています。充分なコリンがあれば、高血圧の予防に成ります。

又、コリンは細胞膜を構成するレシチンの材料になります。レシチンは血管壁へのコレステロールの沈着を防いだり、肝臓に脂肪が溜まらない様に働きますから、肝硬変や動脈硬化の予防に成ります。

☆ 記憶力を高める!

此の頃忘れぽっくなったと思う人は、コリンの不足かもしれません。コリンは脳の記憶形成を助ける働きをしています。

☆ 摂り方は?

体内で合成されていますが、食事からの充分な供給が必要です。1日の推奨摂取量は500~2.000mgです。

☆ コリンを多く含む食品は

豚レバー50g 321mg、 卵1個50g 260mg、 牛レバー50g 180mg、 

大豆30g 85mg、エンドウ豆30g 80mg、 牛肉80g 70mg、 豚肉80g 70mg、 

豆腐1/2丁150g 50mg、サツマイモ小1本100g 40mg、

トウモロコシ1本120g 30mg、 牛乳1本210g 20mg。

☆ 1日に摂りたい量は

500~2.000mg

☆ コリンはこんな人にお勧めします

脂肪の摂取量が多い人、脂肪肝や動脈硬化・高血圧を予防したい人。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-23 15:46 | 日常生活
ビタミンの働きと特徴は

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ コリン

高血圧や動脈硬化を予防し、記憶力を高める!脂肪肝を防ぐ作用がある事から発見された、水溶性のビタミンです。

☆ コリンは体内でこんな作用をします

● レシチンを作り、神経細胞などの細胞膜を形成します
● 脂肪とコレステロールを体が使えるようにします
● 肝臓に脂肪が溜まり過ぎない様に働きます
● コレステロールを正常値に保ちます
● 血管拡張作用のある神経伝達物質アセチルコリンの材料になります
● 体内で合成されます

☆ 過剰症は?

心配ありません

☆ 性質は?

水溶性です
[PR]
by kairopapa | 2009-06-22 11:35 | 日常生活
鯛釣りに行きました!

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

f0081071_22144211.jpg
















今日は大潮なのに潮が動かなくて苦労しました!当りはあるものの中々針に乗りませんでした(汗)濃霧の中の釣り、大変でしたが如何にか鯛をゲット(笑顔)

63cmを1枚、48cm1枚、黒鯛50cm1枚、オコゼ1尾が今日の釣果です。
[PR]
by kairopapa | 2009-06-21 23:23 | 独り言