カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 断食が究極の逆転の医学!

病気をすると、周囲の人達も医師達も「体力を付ける為に一口でも食べなさい」と説得し、全然食欲がない患者本人も、吐き気を催しながらでも、必死で食べ様とします。

しかし、野生の動物は病気をしたり、怪我をすると、全く物を食べません。文明人の社会では、様々な病院があり、沢山の医師や看護士がいて、

病人の治療に躍起になっていますが、一向に患者数が減る気配がありません。ガンに関しても、発ガンのメカニズムが解明されて、

治療法も次々と開発はされているが、ガン患者や死亡数はドンドン増えています。何か可笑しい?と思うのは私だけでしょうか?

かの“ゲーテ”が「自然から遠ざかると病気に近づく」と喝破(かっぱ)していますが「病気」の時の体の一番自然な反応が食欲不振と発熱です。

この両者を、ドイツの医科大学のイセルス教授が「世界の2人の名医」と言っていますが、野生の動物が、何万年もの間、医者なし、病院なしで、

健康を保ち、種を保存してこれたのも、この2人の名医のお陰に他ならない。この考えの延長線上に、古今東西、根気強く行なわれてきた断食療法があります。

この分野の権威であるモスクワのニコライエフ教授は、1932年、モスクワ第一医大を卒業後、永い間精神科医を続けられていますが、

精神病が悪化する時に、患者が往々にして食を拒否するのを見て、これは「病気を治す為の、自然な反応だ!」と考えました。
                続きは明日へ
[PR]
by kairopapa | 2009-02-28 00:08 | 日常生活
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 病気の原因は生活習慣にある!

現代医学の発達の中身は、診断学の発達で、治療学の発達は、遅々として進んでいないのが実情です。

例えば交通事故で、皮膚や筋肉が断裂して、骨が折れた時に、整形外科医による、出血を止めたり、骨を繫いだり、皮膚や筋肉を縫合するという治療は、誠に有り難い物です。

医学の「治療学」の発達に称賛の拍手を送らざるを得ません。これは、健康時の、元の体の状態に「直す」=「治す」という事をしてもらったのであり「治療」といえます。

しかしその一方で、胆石ができたからと言って、胆石はおろか、胆嚢まで摘出したり、「原因不明」のガン腫瘍を切除したり、

抗癌剤や放射線で抹殺してしまう事が、果たして治療と言えるのでしょうか?「治す」と「直す」の語源は同じで、元通りにするという事です。

治療に当たって、臓器を取ったり、傷つけたり、正常な細胞を死傷させたりすることを、決して「治療」とはいえないはずです。又、

すでに述べてきましたが、人間が持っている自然治癒力の発現である発熱や食欲不振に対して、解熱剤や抗生物質を使い、

高カロリーの輸液をしたりする事は、「逆療法」です。これは折角、病気を治そうとする自然治癒力を押さえ込むもので、とても「治療」とは言えません。

化学薬品を10年以上も毎日服用している人も少なからずいますが、同じ疾病(しっぺい)を10年以上も「治療」し続けるという事が、本当の治療と言えるのでしょうか?

何度も繰り返しますが、治療とは文字通りも治す=(直す)事であり、元通りにする事です。10年以上も同じ“治療”を続ける事は、一生、

同じ薬を投薬される、という事と同義なのではないでしょうか。つまり、「治療」では無くて、唯の「対症療法」という事になります。

こうした「木を見て、森を見ない」療法、つまり、対症療法の路線を歩む現代医学おいて、医者の数は増えても病人が減らないという現象が起こるのは当然かもしれません。

病気の真の原因は生活習慣(食・運動・精神)にあります。「病気」を治すには、先ず誤った生活習慣を是正する事が一番でしょう。

病気は「自然が治し、医者が助ける」(ヒポクラテス)だけなのですから。
[PR]
by kairopapa | 2009-02-27 00:10 | 日常生活
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 病気の原因は生活習慣にある!

1960年後半は、日本全国で医師不足でした。私の出身地の九州では、医科大学は、九大、長崎大、熊本大、鹿児島大と私立医大1校のわずか5校で、

国立大の医学部に進学するのは、まさに難関でした。その頃、日本の医師の数が10万人といわれていました。

その後、日本全国の各県に医大が新設され、医大の数も当時の2倍の80校以上になり、医師の数も当時の2倍以上の27万人になりました。

医師とは、文字どおり「医(い)やす者」だから、医者が患者を癒(い)やしてくれれば、医者が倍増したぶん、患者数も半分に減ってもよいと言う理屈になります。

死亡率、医師数、医療費は毎年どんどん増加しています。一体どうなっているんだろう?

現代において、西洋医学は飛躍的に発達したといわれるが、病院に行くと、CTやMRIなどの立派な機械での診断を受けられるし、

胃カメラや大腸ファイバーで、生身の人間の臓器の中を覗けるようになりました。肝炎や膵炎、腎臓病などは血液検査で診断できるし、

体内にガンが有るかどうかは腫瘍マーカーなどの血液検査により発見できるようになりました。こうした事実を見聞きするだけで、

一般の人は、驚いたり、ため息をついたりして、現代医学の発達を崇(あが)めたい気持ちになるのかもしれないですね。

しかし、ガン死は毎年激増しているし、クローン病、血小板減少性紫斑病(しはんびょう)、潰瘍性大腸炎、SLEなどの膠原(こうげん)病に関しては、

現代医学は自ら「難病」という病名を付けて、副作用だらけのステロイドホルモンによる「治療」しか施しえない状態でいます。

SLEとは

SLEは、(Systemaic Lupus Erythematosus)の略称で全身性エリテマトーデスを意味します。

この病気は、当初皮膚症状と考えられていましたが、その後、カポジという皮膚科医が皮膚だけでなく内蔵の障害を併発することを発見した。

次に、オスラーという高名な先生が、皮膚の病変がないにも拘わらず内蔵を侵すということを知って、全身性ループス・エリテマトーデスという病名を付けた。

※エリテマトーデスには大きく分けて二つの種類があります。

一つは、皮膚だけに限って病変がみられる円板状エリテマトーデス(円板状紅斑性狼瘡)です。この病気は、皮膚に紅斑ができて一部うろこ状になったり、紅斑の中心部が白く治った痕のようになっていることがあります。

この紅斑は、顔・耳・前胸部・手指などよく日光に当たるところに見られます。一ヵ所にできることもあれば、身体のあちらこちらにできることもあります。円板状エリテマトーデスの患者さんは、通常、内臓の病変は認められません。

もう一つは、全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡)です。この病気は、皮膚の病変だけでなく、内蔵の病変も持つことを特徴とします。良く侵される臓器は、皮膚・関節・腎臓・脳・肺・血液などですが、これらがすべて同時に侵されるわけではありません。

一つだけのこともあるし、二つ以上侵されることもあります。全身性エリテマトーデスの内蔵病変と言いましても、非常に軽いものから重いものまでいろいろあって、どのくらい重い状態であるかは、どのような内蔵がどの程度に侵され、障害を受けているかによります。この点は患者さんによってさまざまに異なります。
           続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-02-26 10:40 | 日常生活
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 世界一長寿国の怪

「逆さ仏」現象とは、「親が子供の葬式を出してやらねばならない」という現象のことです。

最近では「おやじギャル」の流行語を作った漫画家の中尊寺ゆつこさんが大腸ガン(享年42歳)で、NHKの「英語で遊ぼ!」に出演されていた羽生みくさんが肺ガン(享年30歳)で、それぞれ若くして亡くなられています。

又、今の子供達の体に「老齢化」の波が押し寄せているのも気がかりです。最近の子供達は、転んで手を突いただけで

骨折したり、マバタキができずに目の中にゴミが入る。姿勢を真直ぐにできないなど、私達が幼少の頃には、考えられない様な珍現象が起こっています。

今、小児科の分野に「小児成人病学」などという学問が出現し、子供の動脈硬化、高血圧、糖尿病、腎臓病、ガン、胃潰瘍などの研究が進められています。

こうした成人病は、一世代前までは、40歳を過ぎる頃より起きていたのに、子供に起きること自体、可笑しな話です。

こうした子供の成人病の原因として、運動不足、肉、卵、乳製品に代表される高脂肪食品の多食、受験戦争、その他のストレスの激増などが挙げられています。

確かにこうした要因は、皆正しいと思われますが、つ重大な事を見逃しています。それは今の子供達の体温が昔と比べて低下している、という重大な生理学的な問題点です。

[PR]
by kairopapa | 2009-02-25 00:05 | 日常生活
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 世界一長寿国の怪

2002年の我が国の平均寿命は男性78.32歳、女性85.23歳であり、相変わらず世界一である。

これを鵜呑みにして、日本人皆が、この年齢まで生きられると思っている人がいたら、相当お目出度い人だ。

2002年の平均寿命というのは、2002年に産まれた赤ちゃんが、これから先何年生きられるかの予測年数の事を言ってるのであって、

このブログを読んでおられる方の寿命とは全く関係ないことです。ちなみに、1946年の平均寿命は55.6歳なので、

同年生まれの私の場合は、もう6年以上前に死んでいなければならない事になります。何故、これほどまでに平均寿命が延びたかというと、

先ず、明治・大正生まれのお年寄りが、元気に長生きされている事が挙げられます。また戦前は、15%もあった新生児死亡率(100人生まれると15人死んでいた)が、

今では0.1%以下(1000人生まれても一人も死なない)と激減している事もあります。更に、結核やチフス、肺炎など若年者の生命を奪っていた感染症が、

ほとんど無くなった事や、戦争が無くなり戦死者がいない事などもあるでしょう。結局は、

今、長生きされているお年寄りのお陰で、平均寿命が延びているのです。

しかし、その世界一長寿国の日本で「逆さ仏」現象が密かに進行しています。
            続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-02-24 01:16 | 日常生活
おすそ分け感謝々

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

お昼にクライアントのTさんがメバルをたべんさい!と持って来て下さいました(笑顔)今夜はメバルの煮付けと空揚げにしようかな(笑顔)

それと、メバルの一夜干しを貰いました!?メバルの一夜干し小生初めてです。料理の仕方も教えてもらいました。空揚げにして、三杯酢に漬け込んで食べると美味しいそうです。

f0081071_21321955.jpg

[PR]
by kairopapa | 2009-02-23 21:34 | 独り言
ワンちゃんの競技会

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

昨日、竹原工業団地にてワンちゃんの競技会がありました。雨の中での競技会、飼い主さんもワンちゃんも大変そうでした。

私のクライアントのワンちゃんは2年連続で日本一のチャンピョンなのだそうです!今回もチャンピョンになれるか?競技会場に行きましたが残念ながら観る事ができませんでした。近県から約250頭の参加だそうです。来年はクライアントと一緒に見学したいと思います。
f0081071_19221539.jpgf0081071_1922312.jpgf0081071_1923144.jpgf0081071_19232055.jpg
[PR]
by kairopapa | 2009-02-23 20:56 | 独り言
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 自然を無視する西洋医学の限界! 

その結果、緑膿菌によって抑えられていた黄色ブドウ球菌が増殖してきました。しかも抗生物質がまったく効かない種が出現し、

病院内で大暴れしている、というのだから、自然を無視した西洋医学の限界を垣間見るような気がします。

すでに述べたように、細菌は、この地球上の余剰物、死んだ物、老廃物などを分解して、土に返す働きを担って、この地球上に生息しているのです

ドブの中や、澱(よど)んだ池など、「汚い物」を分解して清浄化する目的があるという証拠でもあります。

虫歯の菌はミュータンス菌といわれますが、虫歯は甘い物や余分な物を食べない限りできません。


つまり、口腔内が清浄で、老廃物や余剰物がない時はミュータンス菌の増殖の必要は無いということです。

したがって、虫歯の原因は“この菌”ではなく、口内の余剰物・老廃物である「粕(かす)」である事が解ります。

つまり、肺炎、気管支炎、胆嚢炎、膀胱炎などの炎症が体内に起こるのは、バイ菌が悪いのではなく、余剰・老廃物を溜め込んでいる自分が悪い、という事になります。

むしろ、バイ菌は、そうした粕を燃やして、更に大きな慢性病を防いでくれている「正義の味方」という事になりはしないだろうか。

[PR]
by kairopapa | 2009-02-23 00:06 | 日常生活
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 自然を無視する西洋医学の限界!

近年、「マーサ」による感染症が病院内で流行し、医療関係者をパニックに陥れたマーサ(MRSA)は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の略で、

抗生物質が全く効かないブドウ球菌という意味です。これに感染すると、高熱や下痢が続き、肺炎や敗血症によって死亡するケースもあります。

どんな高価な抗生物質も効かないのだから、当り前の話ですね。

黄色ブドウ球菌は、人間の皮膚や口腔(こうくう)内など、何処にでもいるバイ菌です。

傷口の化膿や扁桃腺の腫れなどの原因となる有り触れた物で、さしたる毒性はありません。一方、緑膿菌というバイ菌がいます。

これも人間の皮膚や腸の中に居る常在菌で、ブドウ球菌よりチョッピリ悪役ではあるが、緑膿菌は、黄色ブドウ球菌の増殖を抑える働きがあります。

元々、病院内で感染症(肺炎、腸炎、腎盂腎炎など)が流行する時は、この緑膿菌が主役だったのだが、緑膿菌を殺す抗生物質を使い過ぎた為、緑膿菌が居なくなってしまいました。
          続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-02-22 01:15 | 日常生活
目を覚ませ!医者も患者も知って欲しい真実

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 本当の治療をしていない西洋医学!

この様に、素晴らしい現代医学なのだが、結局は、病人の数も減らなければ、ガン患者も激増するばかりで、少し冷静になると、「何か可笑しい」と気づく。

散々苦しい検査を何日もやって、やっと確診がついたと思ったら、原因不明の難病で「治療法がありません!」などと言われ、

ステロイド剤や免疫抑制剤などを使って、対症療法に終始しますという事もある。

例えば、膵臓ガンの疑いがある場合、まず血液検査に始まり、内視鏡検査、エコー、CT、血管造影と、様々な検査の後でやっと「膵臓ガン」と確診がついても、手術くらいしか治療法はない。

「治療」といっても、膵臓の一部を取り去るのだから「元通りにする」という意味の「治す」という行為から程遠い方法だ!。

膵臓ガンにおいて、臓器の一部を取っても、それで病気から逃れられるかというと、その保証はなく、殆んど肝臓や腹膜に転移して、死への転帰をとることが多い。

こう考えてくると、西洋医学の「発達」とは診断学の発達の事であり、「治療学」の面では、大きく立ち遅れていると見てよい。

東洋医学では「食が血となり、血が肉となる」という言葉があるが、肉(細胞、臓器)で起きた病気の治療には、

原点の食物が一番重要である事を、西洋医学も早く気付くべきである。

[PR]
by kairopapa | 2009-02-20 23:54 | 日常生活