カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
スポーツは体に良いのかそれとも良くないのか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

運動の効果は下記のようなものが挙げられます。

1、
筋肉が増強して、血行が良くなるので、凝り、痛みが無くなり、転ぶ事が少なくなります。
2、
骨が強くなる為に、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)に成り難くなります。
3、
運動は発熱を伴う為に、体内の老廃物を燃焼・排出がスムースになり、癌をはじめ、あらゆる病気の予防になります。
4、
体温調節機能も発達するので、暑さ、寒さに強くなり、風邪を引き難くなります。
5、
血液中の善玉(HDL)コレステロールが増加する為に、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧などの血管性病変を予防する事ができます。
6、
血液中の脂肪が減少して、筋肉は増え、血液量が増加するので、血色が良くなり、体は引き締まります。
7、
筋肉中の毛細血管が増える為に、血管の抵抗が少なくなり、血圧が下がります。
8、
栄養の利用・吸収も促進されるので、胃腸の働きが良くなります。
9、
精神的なストレスも解消されます。

[PR]
by kairopapa | 2009-01-31 00:34 | 日常生活
スポーツは体に良いのかそれとも良くないのか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

ジョギング・ブームの火付け役となったアメリカのクーパー博士や教祖と言われた
J・フィックスが、いずれもジョギング中に心筋梗塞で死亡するという、

皮肉な事故が起きて、益々「スポーツ有害論」が声高に叫ばれるようになりました。しかし、スポーツにより、腰痛や肩こりがよくなった人や、

血圧が下がった人、胃腸の不調が改善したり寝付きがよくなった人も沢山います。

イギリスの諺(ことわざ)に「犬が人に噛み付いてもニュースにはならぬが、人が犬に噛み付いたら大ニュースになる」というのがあるが、

スポーツによる死は、運動不足で様々な病気に罹って死ぬ人よりズット少ない。その為ニュースにもなるし、「スポーツ有害論」などの本も出ます。

要は、苦痛に顔を歪めながら必死にやる運動は辞めて、運動後「快い汗をかき、気分爽快」と感じる運動を行う事です。

快い運動は、脳からβ-エンドロフィンが出て、血行を良くし、交感神経の緊張を取って、大いに健康増進に繫がります。
             続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-01-30 02:46 | 日常生活
高齢者の自動車運転事故!

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

先日、TVのニュースで60歳以上の方の自動車運転事故が多いと言われてました!高速道路を逆走しての死亡事故やブレーキとアクセルを間違えて、

駐車場の屋上から転落して死亡事故など!件数が増えてきているそうです。事故の当事者を調べてみると中には認知症の方も居たそうです、怖い事ですね・・・

一昨年、私も自動車事故を2週間の内に2件も起こしてしまいました。重大事故にならなかった事が幸いでした!

その時の体の健康状態は自分自身では、「至って健康」だと思っていましたが、数日経って、よく考えてみると、

「集中力が散漫」「物忘れ」など有る事に気が付き、イチョウの葉エキスを3ヶ月間飲み、それからというものは、

物忘れや集中力が改善されましたが、いま思い出しても背筋が寒くなります。重大事故を起こされた方も、イチョウの葉エキスを飲んでいれば、こんな事にならなかったのではと考えています。

今年もイチョウの葉、焼酎漬けにチャレンジしようと思います。

「記憶力・集中力アップ」、「物忘れ」、「痴呆予防」、「アルツハイマー予防」、「動脈硬化予防」、「冷え性」、「滋養強壮」、「精力増強」、こんな方に是非お勧め致します。

[PR]
by kairopapa | 2009-01-29 15:15 | 独り言
スポーツは体に良いのかそれとも良くないのか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

スポーツをしている時の突然死の多い順序は、ジョギング中、ゴルフ中、水泳中で、その内ジョギング中が25%を占めます。

特に早朝のジョギングは、血液の粘度(ねんど)が高くなっているので、心筋梗塞や脳梗塞の引き金になる、という説もあります。

又、ジョギングやゴルフなどした後は尿酸の元になるプリン体の体内での分解が速くなり、尿酸が沢山できて痛風が起こり易くなります。

ゴルフの後、ビールを飲むと痛風発作がよく起こるのも、このメカニズムと更に、

アルコールが尿酸の排出を抑制するという作用が加わった結果です。

更に、水泳は息を止めて、しかも水の抵抗を受けながら運動するので、血圧が上昇し、脳卒中や心不全を誘発する、という説も有ります。

しかし、一方で癌、動脈硬化(脳卒中、心臓病)、糖尿病、肥満、脂肪肝、慢性の胃腸炎などの現代文明病は、

「運動不足病」との見方もあるので、「運動が良いのか、悪いのか」判断に苦しみます。

スポーツで大量に酸素を消費した時には、万病(老化、癌、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病、リウマチ、脳卒中、潰瘍)の元とされる活性酸素が体内に発生するという事実から「スポーツ有害論」が出てきているようです。
            続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-01-29 01:40 | 日常生活
嬉しい来院

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

不妊で治療に来られていたクライアントがベビーを連れて来院されました。元気な男の子です。昨年の11月に出産、体重は3400g産院で同じ日に5人生まれたそうですが一番大きいベビーだったそうです。

彼女は「結婚5年も経って子供が出来ない」・・・もうダメかもしれないと思っていたそうですが、無事、妊娠、出産、「また次もお願いしますね!」

と言われて帰られましたが早くて今年の年末に嬉しいお知らせが出来ると良いのですが(笑顔)元気な新米ママとベビーを見られて嬉しい限りです。

嘔吐・下痢症やインフルエンザが流行っていますので、嗽や手洗いをしましょう!

[PR]
by kairopapa | 2009-01-28 17:46 | 独り言
生理があるから女性に過労死は起き難い?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

突然死の原因である脳卒中や心筋梗塞は、血液中の余分な物が血管内に詰って起きるのですから、やはり太り過ぎや食べ過ぎが最大の敵となります。

単なる疲労状態も通り越して、疲労になると「少しでも体力を付けねばならないから」という強迫観念から、

食べたくないのに無理して食べて、かえって体内に多くの老廃物を作るという悪循環になります。

先に示した「オケツ」のサインが出て疲労気味の人は、食を減らして、胃腸を休ませてあげる必要があります。胃腸が休むと、心臓、肺、脳などの臓器も休息を得られるからです。

◎「栄養学の目標」1977年米国上院栄養学
    改善委員会発表によると


1、炭水化物で1日の摂取カロリーの55~60%を
  占めるようにする事。
2、脂肪での摂取カロリーを1日摂取カロリーの
  30%に減少させる事。
3、飽和脂肪酸(動物性脂肪)を減らして、
  不飽和脂肪酸(植物性の油)の量を増やし、
  せめて半々の割合にする事。
4、コレステロールの摂取を1日300mgに
  とどめる事。
5、砂糖の消費量を現在の40%まで
  減少させる事。
6、食塩は1日3gまで減少させる事。

具体的には、下記の様にします。

1、果物、野菜、未精白の穀物(玄米、玄麦、
  とうもろこし)、鶏肉、魚、スキムミルク、
  植物性の油の摂取量を多くする事。
2、全乳(牛乳)、肉、バター、砂糖を多く含む食品、
  塩分、脂肪類を、うんと減らす事。

[PR]
by kairopapa | 2009-01-28 02:08 | 日常生活
生理があるから女性に過労死は起き難い?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

昨日の続きですが、後から振り返ってみると、過労死した人の80%に、死ぬ1~4週間前に、

A、脳卒中の場合・・・頭痛、肩こり、眼痛、
              顔面痛、頚部痛、不眠。


B、心筋梗塞の場合・・・動悸、息切れ、不整脈、
     空気飢餓感、胸の中央の痛み、だるさ、
            左胸背部から左上肢の痛み。


などの症状があり、ABの両方の場合とも、「疲れた」「参った」などとよく言ったり、多弁な人が無口になったりするなどの徴候が多いようです。

急性過労死を起こし易い人のほぼ100%に、漢方で言う「オケツ」の所見が存在するとも言われますつまり、
1、顔色が赤紫色。
2、歯茎がどす黒い。
3、顔や前胸部に毛細血管が浮き出る
             (蜘蛛状血管腫)。
4、手の平が赤い
   (手掌赤斑<しゅしょうこうはん>)。
5、目の下に隈がある。
などです。

「オケツ」は、「血行不順・血の汚れ」の事を言うのだから、脳卒中や心臓発作など脳・循環器病が起こるのは当り前です。

それなら、「オケツ」の諸症状を、女性の殆んどが何らかの形で一生持ち続けるのに、何故過労死が少ないのか?

答えは、思春期から閉経期まで、約35年間、毎月1回存在する生理の為である。

生理によって、古血(=汚血)を毎月体外へ排出し、又、その為にやや男性に比べて貧血気味である女性には、脳血栓や心筋梗塞(=冠動脈血栓)が起き難いのです。

貧血(赤血球が少ない)に限らず、血液中の脂肪、糖、蛋白質などの栄養成分、尿酸、ビルビン酸などの老廃物が少ない人は、「オケツ」による重篤な症状が出難いといわれています。
         続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-01-27 02:16 | 日常生活
嬉しい知らせが2件

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

嬉しい知らせが2件届きました。結婚して6年、子宝に恵まれなかったご婦人が12月に無事男の子を出産されたと本人から電話がありました。

この方は骨盤の歪みが酷く、冷え性でしたので、骨盤矯正と食事指導で体を中から温める事と半身浴などで外からも体を温め3ヶ月で妊娠しました。

2件目は26歳のご婦人です。冷え性が酷く、結婚しても子宝に恵まれないのではと相談に来られました。

確かに酷い下肢の冷えでした、私も長年この仕事をしてますが始めてです。下肢の血行を良くする為にリンパドレナージュをした時、

座位で大腿部に足を乗せて施術しましたが私の大腿部が冷えてジンジンした事を今でも忘れません。其れほど凄い冷え性でした。

骨盤矯正と食事指導で2ヶ月で妊娠、急いで結婚式を挙げたそうです。昨日3240gの女の子を出産されとのこと、母子共に元気そうでよかった。

赤ちゃんを連れてくるそうです楽しみにしてますよ、嬉しい〃お知らせでした。



[PR]
by kairopapa | 2009-01-26 17:53 | 独り言
生理があるから女性に過労死は起き難い?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

過労死は女性にほとんどなく、断然男性に多い。全くない訳でもないのですが、女性が男性より楽をしている訳でもないでしょうが、

女性の過労死というのは余り耳にした事は有りません。

過労死するタイプは、

1、肉など脂っこい食物が大好き。

2、ヘビー・スモーカーで大酒飲み、コーヒーは
  1日5杯以上のむ。

3、中間管理職(課長、次長)で、上司と部下の
  板ばさみに成る。

4、趣味は仕事。仕事が終わると、宴会・マージャン、
  土日は付き合いゴルフという、完全会社人間。

5、たまに家にいると、1日中寝てばかりいて、
  妻に愚痴られ、夫婦喧嘩をよくする。


というタイプに集約されるようです。


突然死(過労死)の80%までが、脳卒中と心筋梗塞で、残りが急性肝不全と急性腎不全です。よって、

健康診断や人間ドックでは、

1、高血圧や糖尿病がある。

2、血液中のコレステロールが多い。

3、ヘビー・スモーカーである。

4、両親や兄弟に心臓病や脳卒中の人がいる。

などを指摘されている人がほとんどです。
          続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-01-26 00:38 | 日常生活
心臓病でも運動が必要です

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

だが、「心臓病」を患っている方にとっては、やはり、いきなり運動するのには抵抗があるかもしれません。

そこで、運動と同様の効果のある心不全を改善する方法を紹介しましょう。ドイツのエッセン大学のアンドレアス・ミカルセン博士は、

中等度の心不全なら、手浴と足浴を、それぞれ「温冷浴」にして実施すると効果がある事を発表しました。

この温浴は、腕や下肢の血管を拡張させて血流を良くして、心臓の負担を軽減させてくれると、いいます。

特に、手浴から足浴の順で温冷浴をすると血流が良くなり、運動しているのと同じ効果があり、運動を禁じられている心不全患者には、とても効果的だそうです。

ミカルセン博士らが中等度の心不全患者15人に、1日3回、温浴⇒冷浴を10分ずつ、手と足に施した所、6週間後には症状に著しい改善がみられたといいます。

元々は、日本の民間療法である手浴と足浴の効能が科学的に説明されたという事です。

[PR]
by kairopapa | 2009-01-25 00:34 | 日常生活