カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
コメ返ありがとうござ..
by まー at 21:21
まー さん...始めまし..
by kairopapa at 19:29
高校1年です。 乳..
by まー at 16:33
りんどうさま... 現..
by kairopapa at 02:15
釣りが息抜きなんですね。..
by pote.myan at 22:34
pote.myanさん..
by kairopapa at 02:39
こんばんは。 お邪魔し..
by pote.myan at 22:57
素敵なブログですね。 ..
by mymyspirit at 19:50
マッちゃん....お疲れ..
by kairopapa at 10:16
こんばんわ~。 中..
by matsu-karu at 21:56
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 高血圧への闇雲な降圧剤処方は愚の骨頂!

降圧剤を飲んで、上の血圧が120~140mmHg未満の「正常値」に抑えていた人は、降圧剤を飲まずに160~179㎜Hgもある人より、生活の質が低かったと報告してます。

こうした調査の結果も、何か意味があって上昇している血圧を、闇雲に抑えるには、問題があることを示唆しています。

但し、高血圧により、脳出血やくも膜下出血などの脳血管障害や高血圧性心臓病が起こり易いというのも、また事実です。

よって、余りりにも血圧が高く、頭痛・眩暈・嘔気などの高血圧によるサインがある時は、降圧剤による血圧のコントロールは必要不可欠です。

要は、高血圧の原因である動脈硬化を改善し、「高血圧」を必要としない状態を作り出す事が重要だと思います。

[PR]
by kairopapa | 2008-08-31 00:17 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 高血圧への闇雲な降圧剤処方は愚の骨頂!

降圧剤を長く服用すると血流が悪くなり、脳血栓や心筋梗塞を起こしたり、鬱病が発症したりします。

降圧剤を服用している患者さんが、「血圧が正常に成ったのは良いが、まったく活力が湧かず、やる気もなくなって、風邪も引きやすくなった」と愚痴をこぼす事があるが、

血流が悪くなり、様々な臓器への栄養供給が十分でなくなると、今述べたような「副作用」が生じるのは当然といえます。

1980年に実施された厚生省国民栄養調査の対象者1万人(無作為に抽出された30歳以上の男女)に対して、その後、14年間の追跡調査が行われた。

14年後、ずっと健康であったか、もしくは病気に罹っても自立できないほどの後遺症が残っていないか、人の助けを借りなければ身の回りの事が出来ないか、などに付いて調べられた。

すると、高血圧とされている人のうち、降圧剤を飲んでいる人の方が、飲んでいない人よりも自立度が低い事が解かりました。  続きは次へ

[PR]
by kairopapa | 2008-08-30 10:15 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 高血圧への闇雲な降圧剤処方は愚の骨頂!

慢性の腎臓病を少しでも改善する為には、栄養と免疫物質をいっぱい含んでいる血液が腎臓に循環して来なくてはならないのです。

その為、腎臓病になると、腎臓から昇圧物質のレニンが大量に生産されて、血液中に放出されます。その結果、

血中のアンジオテンシンⅡの増加、更にはアルデステロンが増加して、体内で循環血液量増加と血圧上昇が起こります。

このようにして、私達の体は「病気の腎臓」豊富な血液を送り、腎臓の病気を治そうとするのです。そもそも、

高血圧というのは、血液を要求している病気の細胞に血液を回し、病気を改善しようとする反応なのに、わざわざ降圧剤を使って血圧を下げ様と必死に成るのは愚の骨頂です。   続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2008-08-29 02:45 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 高血圧への闇雲な降圧剤処方は愚の骨頂!

多くの医師は、血圧が高くなると、脳卒中を起こし易くなると云う事で、直ぐ降圧剤を処方しますが、これも考えものです。

血圧は周知の様に、血液を全身の細胞に送る為に、心臓が収縮する時の圧力です。寒さや冷え、ストレス、疲れ、動脈硬化などで局所の血管が縮み、血流が悪くなると、

心臓はいつもと同量の血液を全身に送る為に圧力を上昇させます。なぜなら、血液中には、蛋白、脂肪、糖分、ビタミン、ミネラルなど、

食物から摂り入れた栄養素や水分、体内の内分泌臓器で生産された様々なホルモン、肺から吸収された酸素など、体内の細胞に必要な「栄養」が十分に含まれているからです。

腎性高血圧症という病気があります。慢性腎炎などの腎臓病、腎動脈硬化症など、腎臓に慢性の病変が生じると血圧が上昇してくる病態をいう。         続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2008-08-28 14:32 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ ステロイド剤の大きな罪Ⅱ

所詮は症状を抑えているだけの対症療法にしか過ぎません。数週間以上使っていると、次の様な副作用が出現してきます。

水分貯留による浮腫(むくみ)、満月様顔貌(まんげつようがんぼう)、出血傾向による紫斑・皮下溢血(いっけつ)、多毛、脱毛、掻痒感(そうようかん)、発汗異常、色素沈着、ニキビなどの皮膚症状、食欲増進、体重増加、胸焼け、嘔気、胃痛、下痢などの消化器症状、

頭痛、不眠などの精神・神経症状、筋肉痛、関節痛、疲労感、発熱、月経異常などの不定愁訴、糖尿、虫歯、骨折、小児の発育不全などの骨代謝異常、多血症・白血球増加や易感染症(肺炎や風邪などに罹り易い状態)、胃潰瘍の出現、高血圧など
、恐ろしいほどの副作用のオン・パレードです。


病気の治療中に、このステロイド剤の副作用が原因で死亡する事も稀ではなく、これがステロイド剤の「両刃の剣」たるゆえんでもあります。

漢方医学や民間療法「科学的でない」一笑に付する西洋医学者はマダ〃多い

科学的であるはずの西洋医学が、癌をはじめ、ベーチェット病・重症筋無力症・SLE・再生不良性貧血・クローン病などを「原因不明の難病」と名付け、副作用だらけのステロイド剤などで「難病を治療」しているのだから笑止千万である。

[PR]
by kairopapa | 2008-08-27 16:13 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ ステロイド剤の大きな罪

西洋医学でよく使われるステロイド(副腎皮質ホルモン)剤は、“両刃の剣”的な性格を持っています。交通事故で大量出血を起こし、

血圧も低下、命が危ない状態の患者に、ステロイド剤を入れた点滴をすると息を吹き返す事が往々にしてあります。

また、重症の喘息発作で、呼吸ができずにチアノーゼが出現している瀕死の重病人に、ステロイド剤の注射によって救う事もできます。まさに、“伝家の宝刀”的な薬である。

リウマチ性関節炎、SLE(全身性エリマトーデス)等の膠原病(こうげんびょう)や、アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎などのアレルギー疾患、潰瘍性大腸炎、クローン病、ネフローゼ、再生不良性貧血などの自己免疫疾患、白血病など、西洋医学では原因や治療方法が十分に明らかにされていない「難病」にステロイド剤を用いると、初めは嘘の様に効きます。

つまり、気分爽快、食欲増進、栄養状態改善(血清蛋白上昇)、利尿作用の促進、昏睡からの覚醒、疼痛の軽減、炎症の消失など・・・患者はまるで、病気が治ってしまった様な錯覚に陥ります。        続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2008-08-27 02:05 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

女性は元来冷え性で、特に下半身が冷えるという特徴があります。下半身が冷えると、「熱」や「気」や「血」は上半身へ上昇していき、様々な症状がでてきます。

つまり、下から上へ押し上げられる症状である動悸、息切れ、肩こり、吐き気、咳、口臭、顔の発赤・発疹、イライラ、不眠、眩暈、耳鳴りなどで、漢方では一括して、「昇症(しょうしょう)」と呼びます。

更年期になると、下に向かう症状(昇症=こうしょう)である生理、小便、大便の力が弱くなるので、上に引っ張り上げられる昇症が益々強く成る訳です。

水、お茶、コーヒー、コーラ、ジュース等の水分や、バナナ、パイナップル、ミカン、などの南方系の果物などの陰性食品は、摂り過ぎると体を冷やし、この「お血」の原因成ります。

そこで、陽性食品をしっかり摂り、スポーツや散歩を十分にやり、下半身を温めることが肝心なのです。

人間の体熱の40%は筋肉で発生させています、筋肉の70~80%は腰より下に存在するので、体を温めるのには歩く事が一番である。

さて、こうした「お血」に対して、漢方では、体力のある方には桃核承気湯(とうかくじょうきとう)を、中程度の体力の方には桂枝ぶくりょう丸を、体力のない方には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。

これらは何れも、血行を良くして体を温め、症状の改善だけでなく、根本的な体質改善をしてくれます。

しかし、西洋医学で使われる精神安定剤やホルモン剤などの化学薬品は、一時的な症状押さえに成っても、基本的には体を冷やす作用が有るので「冷え」が原因で起こる「お血」を悪化させるいう懸念があります。

[PR]
by kairopapa | 2008-08-26 02:39 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 女性の不定愁訴は体の冷えが原因

女性には、血行不良からくる特有の症状があります。肩こり、頭痛、眩暈、耳鳴り、動悸(どうき)、息切れ、神経痛、痔、生理不順(生理痛)、アザを作り易いなどがあります。

殆んどの女性が、この10の症状のうち最低2つ多くて5つ位の症状を持っています、中には全部の症状を抱えて苦しんでいる人もいます。

そもそも肩こり整形外科頭痛脳外科か内科眩暈・耳鳴りは耳鼻科動悸・息切れは、循環器科神経痛内科か整形外科外科肛門科生理不順・生理痛婦人科アザ皮膚科内科で診て貰うべき症状です。

その為、この症状を一挙に訴えられると、医師は診断に迷い、更年期障害とか自律神経失調症
と診断
して、精神安定剤を処方したく成ります。

しかし、こうした不定愁訴(ふていしゅうそ)を、漢方医学では「お血」(血液がドロドロになり流れ難くなっている状態)、又は「血の道症」と呼び、「冷え」と「水」原因と考えます。  続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2008-08-25 11:03 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 陽性食品(体を温める食べ物)と
            陰性食品(体を冷やす食べ物)

陽性食品「赤・黒・橙・硬い物」

【塩辛い物】

塩(天然の塩)、梅干、沢庵、味噌、醤油、明太子、ちりめんじゃこ

【北方産の果物】

リンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーン

【黒っぽい物】

蕎麦、黒砂糖、紅茶、赤ワイン

【動物性】

肉類、卵、チーズ、魚介類

【根菜類】

ゴボウ、人参、レンコン、ネギ、玉ネギ、ヤマイモ、生姜など


陰性食品「青・白・緑・柔らかい物」

【水っぽい物】


牛乳、豆乳、酢、ビール、ウイスキー、コーラ、ジュース

【南方系の果物】

バナナ、パイナップル、メロン、スイカ、トマト(南米原産)、キュウリ(インド原産)、カレー(インド原産)、コーヒー(エチオピア原産)、緑茶(インド原産)

【白っぽい物】

精白砂糖、化学調味料、化学薬品

【柔らかい物】

パン、バター、マヨネーズ、クリーム

【葉菜類】

レタスなど

[PR]
by kairopapa | 2008-08-24 03:17 | 日常生活 | Comments(0)
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 生姜温湿布の作り方

① ひね生姜150gをおろし金ですりおろします。

② おろした、ひね生姜を木綿の袋に入れて、
              上部を紐で縛ります。

③ 鍋に2ℓの水を入れ、この木綿袋を入れて、
                  火で加熱します。

④ 沸騰寸前で火を弱めて、とろ火で温め
             続けて生姜湯を作ります。

⑤ 約70度位の生姜湯の中にタオルを浸して、
     絞って、患部にタオルを当て温めます。

⑥ 其のままだと直ぐに冷えますので、
   このタオルの上にビニール
   (サランラップでも可)を敷き、
      その上に、乾いたタオルを乗せます。

⑦ 約10分経ったら、又タオルを生姜湯に
               浸して患部を温めます。

⑧ 2~3回繰り返しましょう。

[PR]
by kairopapa | 2008-08-23 19:01 | 日常生活 | Comments(0)