カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
コメ返ありがとうござ..
by まー at 21:21
まー さん...始めまし..
by kairopapa at 19:29
高校1年です。 乳..
by まー at 16:33
りんどうさま... 現..
by kairopapa at 02:15
釣りが息抜きなんですね。..
by pote.myan at 22:34
pote.myanさん..
by kairopapa at 02:39
こんばんは。 お邪魔し..
by pote.myan at 22:57
素敵なブログですね。 ..
by mymyspirit at 19:50
マッちゃん....お疲れ..
by kairopapa at 10:16
こんばんわ~。 中..
by matsu-karu at 21:56
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方Q&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪Q≫
『オメガ3と言うのは何ですか、それに私に何をしてくれるのでしょうか、簡単に説明して下さい』


【A】
簡単に言いますと、オメガ3は魚の脂肪でユニークな構成成分です。DHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)等が有り、多くの働きが知られています。貴女の為に何をしてしてくれるか、次の中から欲しい物を選んで下さい。


◎動脈硬化を遅らせる働きがあります。

◎LDLコレステロールと中性脂肪値を下げる。

◎血液の粘度を下げて心臓発作や脳卒中を予防します。

◎血圧を下げます。

◎免疫システムを強化します。

◎慢性関節リュウマチの症状を緩和します。

◎狼ソウ紅斑から身体を守る助けをします。

◎偏頭痛や腎臓病を防ぎます。


貴女がベジタリアンだったらオメガ3はある種の植物油・・・亜麻仁油、シソ油、キャノー油、大豆油からも摂れますが、体内でのEPA、DHAへの転換は緩慢です。

『訳注』
植物性食品(植物プランクトンを含む)から摂れるオメガ3脂肪酸はアルファ・リノレン酸(ALA)。
体内でALAは、次の経路で5種類のオメガ脂肪酸に転換されます。


ALA→オクタデカテトラエン酸→エイコサテトラエン酸→EPA→ドコサペンタ酸→DHA
魚はこの転換を自分でやっているので、魚を食べるとEPAやDHAが直接摂れる訳です。

[PR]
by kairopapa | 2007-07-31 00:17 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方Q&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪Q≫
『私の義理の娘は麻油(ヘンプオイル)のサプリメントを摂っていますが、麻油の事は何も知りません、マリファナは麻から作られる事は知っていますので心配です。このサプリメントにもマリファナと同じ幻覚を超させる効果があるのでしょうか?』


【A】
全く有りませんよ。残念ながら米国では、麻は大麻の仲間なので栽培するのは違法です。それから作られた製品に幻覚を起させる働きが無くても違法なのです。しかし、健康上の重要な利点がありますので、麻製品は外国から輸入された物が健康食品店で売られています。


麻油は健康な心身の為に必要とされる“良い脂肪”のオメガ3とオメガ6の二つの必須脂肪酸を
豊富に含んでいます。大多数の人は食事から
適量のオメガ6は得ていますが、オメガ3は十分に摂れていません。


実際、食品だけから十分な量のオメガ3を摂る事は、特に加熱するとオメガ3は壊れますので非常に困難です。麻油はサラダドレッシングに使えますよ。加熱調理する料理に使う場合は、加熱する時には使用しないで、加熱した後で加えると良いでしょう。

貴女の義理の娘さんが摂っている麻油カプセルは、健康上欠かせないオメガ3脂肪酸の恩恵を得る一番容易な方法ですね。
[PR]
by kairopapa | 2007-07-30 17:23 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方Q&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪Q≫
『脂肪肝防止栄養素のサプリメントは売られていますか・・・売られているとしたら、どの位の量を摂ったら良いのでしょうか又、それを摂る上での注意事項がありますか?』


【A】
脂肪肝防止栄養素のサプリメントは錠剤の物が市販されています(通常その3錠が個々の脂肪肝防止栄養素の1gに等しい)。最も多くのケースで進められているのは、食事と一緒に1~2錠を1日3回摂る事です。


≪Q≫
『脂肪肝防止栄養素のサプリメントが特に必要な人はどうゆう人でしょうか』


【A】
ハッキリ云って肉を食べる人です。脂肪肝防止栄養素は脂肪を液状にしたりする物質です。脂肪肝防止栄養素は又、蛋白質の代謝の副産物であるアミンを解毒します。高蛋白食を摂っている人は皆このサプリメントが必要だと思います。胆石ができるのを心配している人もこのサプリメントを摂る事が賢明でしょう。

[PR]
by kairopapa | 2007-07-29 20:43 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方Q&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪Q≫
『多価不飽和油は頻繁に使うと癌の原因に成ると聞きましたが、本当ですか?』


【A】
ハイ多分、癌の原因に成るでしょう。複数の研究で、加工された多価不飽和油を食事で多量に摂ると、形成される発癌物質の量が増える事が明らかにしています。


それは植物油に水素を添加して固体のショートニングを作ったり、加工する事で事実上、不飽和脂肪を飽和脂肪に替える事なのですが、植物油に水素を添加する為に起きる様に思われます。

私は貴女に、ビタミンEをサプリメントで1日に200~400IU摂って油が体内で過酸化脂質に変わる(体内で脂肪が錆付いてくる)のを防ぐ事と、水素添加の油の入った製品を避ける様にする事

それとアブラナ科の野菜の摂取量を増やす事、そして多価不飽和油に代えて一価不飽和油を使う事をお勧めします。
[PR]
by kairopapa | 2007-07-28 12:30 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方Q&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪Q≫
『コレステロール値を下げるという事に関して、
多価不飽和油と一価不飽和油にはどういう違いが有りますか』


【A】
多価不飽和油(紅花油、ヒマワリ油、コーン・オイル、大豆油など)は善玉も悪玉も両方のコレステロール(LDL、HDL)を下げます。

一価不飽和油(オリーブ油、キャノーラ油、新紅花油、ピーナッツ油、ゴマ油)は悪玉のLDLコレステロールだけを下げて、善玉のHDLコレステロールは上げてくれます。

『訳注』
キャノーラ(Canola)は新品種の菜種の事です。旧来種(rapeseed)と区別する為の新語です。だからキャノーラ油とはつまり新品種の菜種油の事で、どの点が従来の菜種油と異なるかというと、体に害のあるエルカ酸の含有率が2%以下になっている事。

従来の菜種油にはエルカ酸が40~60%も含まれていました。一価不飽和脂肪酸の含有率はオリーブ油が76%、キャノーラ油は54~61%、胡麻油は42%です。
[PR]
by kairopapa | 2007-07-27 00:53 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方Q&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

脂肪の事・脂肪の上手な摂り方Q&A

≪Q≫『高脂血症と、高コレステロール血症には
 どういう違いがあるのでしょうか』

【A】心臓病の候補者に成っている方には残念ながら大した違いは有りません。高脂血症の方は血液中の脂肪が著しく多くなっており、高コレステロール血症の方はコレステロールの量が多くなっていると云うだけの事です。健康に関しては、それは言葉の響きの違いにすぎません。


≪Q≫『ある製品には“低-脂肪”と書いてあり、
 ある製品には“低-コレステロール”と書いてあっ
 て私は混乱するのですが、それには違いが有り
 ますか』

【A】ハイ、私は違いがあると云う事に賭けます。
 “コレステロール・フリー(コレステロール無し)”と
 書いてある製品には脂肪が入っていても構わ
 ないのです。脂肪とコレステロールは同意語で
 はない事を理解していなくてはなりません。脂肪
 と異なりコレステロールはエネルギーとは成り
 ません。主としてそれは脂肪を体中の細胞に
 移動させる為に使われます。

[PR]
by kairopapa | 2007-07-25 16:57 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※何が私達のコレステロールを上げるのか??

私達がコレステロールを上げるとは思ってもいない物、それに又、私達のコレステロールを下げ様とする努力を台無しにしてしまう物が沢山有ります。これは私達が知っておくべきで、その幾つかを列記してみます。

◎喫煙

◎カフェイン

◎避妊用ピル

◎精製した砂糖

◎食品添加物

◎環境汚染物質

◎ストレス


貴方が自分のコレステロール値をよくチェックしている人ならばご存知と思いますが、ターキーはグッド・チョイスです。ターキーの白い肉は90gで65mg、色の黒い部分の肉でも75mgのコレステロールしかもたらさないけれども、レバー1カップには830mgものコレステロールがある事を覚えておきましょう。
[PR]
by kairopapa | 2007-07-24 18:08 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※コレステロールを下げる食品と、サプリメント

◎オート・プラン
◎玉葱
◎ペクチン(りんご、グレープフルーツ)
◎植物ステロール:ベータ・シトステロール、スチ 
 グマステロール、カンペステロール(米や大豆
 などの植物性食品に含まれている天然の
 化合物)
◎多価不飽和油(紅花油、コーン・オイル、
 向日葵油)
◎アメリカオオバコの種子の莢(さや)(小さじ3杯で
 コレステロールを下げる水溶性の食物繊維が
 10g摂れます)
◎生の人参
◎赤ピーマン
◎米ぬか
◎大豆、大豆製品
◎ビタミンC
◎ビタミンE
◎ヨーグルト

[PR]
by kairopapa | 2007-07-23 17:52 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※コレステロールを下げる食品と、サプリメント

◎生姜(サプリメントの摂取量は1粒を1日3回)

◎グアル・ゴム(グアルの実の抽出物。錠剤は完全に咀嚼するか、ユックリ舐めて、たっぷりと水を飲む事。【警告】嚥下困難の人と胃腸の手術を受けた人は摂ってはいけません)

◎ググリビド(インド原産のムクルミルラ樹脂抽出物でアーユルベーダでは何世紀にもわたり医療に用いられてきました。25mg入りのカプセルを食事と一緒に1日3回摂る。【警告】人によっては発疹や蕁麻疹の原因に成る事もあります)

◎レモングラス・オイル

◎豆類


◎一価不飽和油(オリーブオイル、キャノラー油)

◎ナイアシン(顔面紅潮を起さないイノシトール・ヘキサニコチネートを選ぶ事。摂取量は500m
g入りのカプセルを1日3粒まで【警告】痛風の気のある人には痛風の発作をもたらす事があります。摂り過ぎると肝臓に異常をもたらす可能性があります)

[PR]
by kairopapa | 2007-07-22 21:26 | 日常生活 | Comments(0)
脂肪のこと・脂肪の上手な摂り方

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※コレステロールを下げる食品と、サプリメント

◎大麦
◎ピコリン酸クロム(最も吸収され易いクロム。顔面潮紅を招かないナイアシンのナイアシンアミド又はイノシトール・ヘキサニコチネートと一緒に摂ると特に効果があります。摂取量は200mcg入りの錠剤を1日に3粒まで)
◎トウモロコシのフスマ(コーン・プラン)
◎アブラナ科の野菜
◎茄子
◎月見草油(ガンマ・リノレン酸を含んでいます。250mgを1日に1~3回摂る事を私はお勧めします)
◎コロハの種【警告】妊娠中は摂らない事
◎食物繊維(1日に25~30g)
◎EPA、DHA(魚油に含まれているオメガ3脂肪酸の事。摂取量は1.000mg入りのカプセルを1日に6粒まで)【警告】摂り過ぎると血液の自然な凝固を妨げる可能性があります。凝固血剤
のワルファリンやペパリンを医師に処方されている人は、医師に勧められない限り摂ってはいけません。
◎ニンニク(サプリメントの摂取量は1粒を1日に3回までです)

[PR]
by kairopapa | 2007-07-21 13:53 | 日常生活 | Comments(0)