カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
コメ返ありがとうござ..
by まー at 21:21
まー さん...始めまし..
by kairopapa at 19:29
高校1年です。 乳..
by まー at 16:33
りんどうさま... 現..
by kairopapa at 02:15
釣りが息抜きなんですね。..
by pote.myan at 22:34
pote.myanさん..
by kairopapa at 02:39
こんばんは。 お邪魔し..
by pote.myan at 22:57
素敵なブログですね。 ..
by mymyspirit at 19:50
マッちゃん....お疲れ..
by kairopapa at 10:16
こんばんわ~。 中..
by matsu-karu at 21:56
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
私達に必要なミネラル『カルシウム』

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。


私達の体は毎日20種類のミネラルを必要としています。この20種類のミネラルが
無いと、ビタミンが十分に働かない事を知っていて下さい。


※真 実

☆ 体内のカルシウムの量は、他のどのミネラルよりも多くなっています。

☆ カルシウムとリンは一緒に働いて健康な骨と歯を作ります。

☆ カルシウムとマグネシウムは一緒に働いて心臓と血管の健康を保っています。

☆ 体内のカルシウムの殆ど「900~1.350g」は、骨と歯の中に入っています。

☆ 成人の骨に含まれているカルシウムの20%は毎年、新しく吸収された物に置き換
  えられています「古い骨の細胞が壊されて、新しい細胞が作られます」。


☆ 体内に存在するカルシウムとリンの割合は2対1に保たれていていなくては成らな
  い「カルシウム2に対してリン1」。


☆ カルシウムをに吸収するには、体は十分な量のビタミンDを持っていなくては
  吸収しません。


☆ RDIもRDAも成人は800mgから、1.200mgに引き上げられました「WHOの
  摂取勧告量は1日に1.300mg」。


☆ 妊娠中と授乳中の女性と、50歳以上の女性と65歳以上の男性に対して、
  1.200mg~1.500mgを摂取する様に勧告しています。


☆ 日本人の女性と、アメリカ人の女性の食事で、最も不足しているのが、カルシウム
  と鉄です。

[PR]
by kairopapa | 2007-04-30 10:19 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンに関するQ&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【Q】
『ルチンとヘスペリジンに付いては良く耳にしますが、ケルセチンはどんなバイオフラボノイドなでしょうか?』


《A》
ケルセチンもこれからはもっと耳にされる様に成ると思います。ビタミンPのバイオフラボノイドの仲間のケルセチンは、強力な抗酸か物質です。
玉葱、葡萄、イタリア産のスクワッシュに多く含まれていて、現在までに発見された
抗癌物質の中でも最も強力な物の一つと考えられています。


癌をイニシエイトさせる細胞のダメージを防ぐ事で癌を最初の段階でストップさせるのを助けるだけでなく、癌細胞が広がるのを阻止する助けもします。
加えてケルセチンはヒスタミンの放出を抑える事が解っていて、アレルギーと炎症を伴った病気の治療に効果があります。

サプリメントは1カプセルに400mg入っている物を1日に3回、毎食前に摂取される事をお勧めします。

明日からは私達に必要なミネラルに付いて記述していきます。
[PR]
by kairopapa | 2007-04-29 19:01 | 日常生活 | Comments(2)
ビタミンに関するQ&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

Q】
『アルツハイマ-病の治療に、コリンがどの様に役立つのか説明していただけませんか?』
《A》
アルツハイマ-病は、中枢神経系に確保されているべき神経伝達物質のアセチルコリンの激減に原因があるとみられている、ゆっくり進行する精神能力の喪失です。

アルツハイマ-症候群の患者さんには、アセチルコリンの欠乏が診られるだけでなく、アセチルコリンの産出に触媒として働く酵素のコリンアセチルトランスフェラーゼの欠乏もみられる事が解っています。

コリンを多く摂れば、アセチルコリンの欠乏を防げる事は明らかです。コリンで摂るよりも、ホスファチジル・コリン(レシチン)の形で摂った方が効力が強いので、そのの方を勧めします。

この病気にはまだ之といった治療法が発見されていませんが、ある種の薬が患者の状態を悪化させる事は解っています。例えば、塩酸フルラゼパムの様な催眠薬、心臓病の薬、腸の痙攣の際に処方される薬等です。

【Q】
『べータ・カロチンはどんなビタミンなのですか?RDAが定められていないのは何故でしょうか?』


A》
2番目の質問から答えさせて下さいね、べータ・カロチンそれ自体はビタミンではないのでRDIもRDAも定められていません。体に入ってからのみ、ビタミンAに転換されます。べータ・カロチンは、主として黄色、オレンジ色、緑色の植物性食品(人参、南瓜、薩摩芋、緑色野菜)から摂取されます。


心臓病と多種類の癌の予防に重要な働きをします。体内のべータ・カロチンの量は歳を摂ると落ち込んできますが、減食、煙草、酒の飲み過ぎによっても激減してしまいます。
[PR]
by kairopapa | 2007-04-28 13:54 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンに関するQ&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【Q】
『私の母は72歳です、何処と言って悪い所は無いのですが、しょっちゅうウイルスに
つかまって風邪を引きます。何か欠けているビタミンがあるのでしょうか?』


《A》
あると思いますよ。私達は歳を取ると免疫機能が低下していきますが、最近の研究で、高齢者は血中ビタミンE値が低く感染し易く成る事が解っています。
先ほど米国で研究発表されたのですが、60歳以上の健常者に高単位のビタミンEを短期間サプリメンティションした結果、免疫反応性が顕著に向上しています。

貴女のお母さんは免疫力を高める為に、高単位のマルチ・ビタミンと一緒にアミノ酸でキーレイトしたマルチ・ミネラルを摂り、ビタミンEは最低1日に400~800IU摂られる様に私はお勧めします。

【Q】
『ブロッコリー、芽キャベツ、人参が多く摂れる食事は癌のリスクを下げると書いて
あったのですが、まさに私はそれらが嫌いなのです。その代りになる物は何か
ありませんか?』


《A》
アブラナ科の野菜(キャベツ、ブロッコリー、芽キャベツ、カリフラワー)と高カロチン野菜(ホウレン草、人参)を濃縮して錠剤にした物が市販されています。私はそのサプリメントを毎日摂る様アドバイスします。


何故なら其れは、成熟した野菜を採って注意深く洗い、過熱せずに急速に脱水乾燥させた物で、更にビタミンA、C、E、べータ・カロチン、セレンを加えた物だからです。
ですから、貴方に最も望ましい栄養を供給してくれます。

[PR]
by kairopapa | 2007-04-27 10:29 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンTとビタミンU

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ ビタミンT

☆ このビタミンに付いては、血小板の凝集を助けて血液を凝固させる作用以外、
  殆ど解っていません。


☆ その作用ゆえに、ある種の貧血と血友病を防ぐうえで重要と思われています。

☆ RDIもRDAも定められていません。

☆ 一般市場向けのサプリメントは売り出されていません。

☆ ゴマや卵黄に含まれていて、毒性は知られていません。

※ ビタミンU

☆ ビタミンUに付いて解っている事は、ビタミンTに付いてよりもっと少ない様です。

☆ このビタミンは潰瘍を治す上で重要な役割を持っていると言われていますが、
  その点に付いて医学界の意見はまちまちです。


☆ 生のキャベツに含まれています。毒性はありません。

全ビタミンの記述をしました。明日からはビタミン類の質問に付いて答えていきます。
[PR]
by kairopapa | 2007-04-26 15:20 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンP(ビタミンCコンプレックス、柑橘バイオフラボノイド、ルチン、ヘスベリジン)

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ サプリメント

☆ ビタミンCコンプレックスになっている物と単体の物があります。

☆ バイオフラボノイド500mgに対してルチンとヘスペリジン其々50mg入っている
  物が殆どです(ルチンとヘスペリジンが等量でない物はルチンがヘスペリジンの
  倍量になっています)。


☆ ビタミンCのサプリメントはバイオフラボノイドと一緒だとより良く働きます。

☆ 最も一般的なルチンとヘスペリジンの摂取量は1日に3回100mgです。


※ 毒性は知られていません。

※ 注 意

☆ 水、加熱調理、熱、酸素、喫煙などで壊されます。

※ アドバイス

☆ 閉経期の女性の顔面紅潮が和らぐにはビタミンDと組み合わせてバイオ
  フラボノイドの摂取量を増やすとよいですよ。


☆ 歯を磨く時、歯茎からよく血が出る人は、ルチンとヘスペリジンを十分に摂る様に
  心掛けると良いでしょう。


☆ 打ち身で青アザのでき易い人は、バイオフラボノイド、ルチン、ヘスペリジンを
  含んだビタミンCのサプリメントを摂ると良いでしょう。


☆ 顔にシミやクスミのある人は、バイオフラボノイド、
ルチン、ヘスペリジン

  ビタミンCのサプリメントを十分に摂る様にしましょう。


明日はビタミンTとビタミンUに付いて記述します。
[PR]
by kairopapa | 2007-04-25 13:40 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンP(ビタミンCコンプレックス、柑橘バイオフラボノイド、ルチン、ヘスベリジン)

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 私達に何をしてくれるか

☆ ビタミンCが酸化によって壊されるのを防ぎます。

☆ 毛細血管壁を強くして、打撲による青アザを防いでくれます。

☆ 感染に対する抵抗力を作るのを助けます。

☆ 歯茎からの出血の予防や治療の助けとなります。

☆ 内耳の疾患による浮腫や眩暈(めまい)の治療の助けとなります。

☆ ビタミンCの効果を高めます。

☆ 毛細血管の透過性をよくして、ビタミンCと協働して、顔のシミや
  クスミを消し
てくれます。


※ 欠乏症

☆ 毛細血管が脆く(もろく)なります。

※ 沢山含んでいる自然の食品

☆ 柑橘類・・・レモン、オレンジ、グレ-プフル-ツ、柑橘類の果皮部分と房を包む
  薄皮。蕎麦粉、ブラックべりー、サクランボ、バラの実、杏子などに含まれます。

 
[PR]
by kairopapa | 2007-04-24 15:32 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンP(ビタミンCコンプレックス、柑橘バイオフラボノイド、ルチン、ヘスベリジン)

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 真 実

☆ 水溶性です、シトリン、ルチン、ヘスペリジン等の他に、フラボン類、フラボノール
  類で構成されています。


☆ 計量単位はミリグラム(mg)です。

☆ ビタミンCが適切な機能を果たすのに必要ですし、ビタミンCの吸収にも必要です。

☆ フラボノイドは柑橘類に黄色やオレンジ色を付けている物質です。

☆ 毛細血管浸透性因子とも呼ばれる(ビタミンPのPは浸透性を意味する
  permeabilityからとったものです)。


☆ バイオフラボノイドの第一の機能は毛細血管を丈夫にし、吸収力を調整します。

☆ 結合組織の健康を保つ上でビタミンCの助けをします。

☆ 摂取勧告量は定められていませんが、大多数の栄養学者の意見は、ビタミンCを
  500mg摂ったら最低でもビタミンPを100mg摂るべであると言う点で
  一致しています。

[PR]
by kairopapa | 2007-04-23 11:58 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンK(メナジオン)に付いて

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 毒性と過剰の徴候

☆ 合成のビタミンKを500mcg以上摂る事はお勧めできません。

※ 注 意

☆ Ⅹ線、放射線、冷凍食品、アスピリン、大気汚染、鉱油などで壊れます。

※ アドバイス

☆ ビタミンEを多量に摂るとビタミンKの吸収が妨げられます。

☆ 酷い下痢はビタミンKの欠乏症でありますが、自分でサプリメントを摂る前に、
  医師に診て貰う様にしましょう。

☆ 緑色葉野菜が、ビタミンK欠乏症の最善の予防になります。

☆ もしも、貴女(方)がよく鼻血を出す様だったら、自然の食品によってビタミンKの
  摂取量を増やしてみましょう。アルファルファの錠剤も助けになります。


☆ もしも、貴女(方)が抗凝固薬を飲んでいたら、このビタミン(自然の食品に含まれて
  いる物であっても)は、その薬とは反対の働きをする事を知っておきましょう。


☆ もしも、貴女(方)が広範囲の抗生物質の投与を慢性的に受けているとしたら、
  ビタミンK欠乏のリスクが高いと思ってもよいでしょう。食事によってビタミンKを
  多く摂る様に工夫する必要があります。


明日からはビタミンPに付いて記述します。女性の方は、必見ですよ!
[PR]
by kairopapa | 2007-04-22 16:16 | 日常生活 | Comments(0)
ビタミンK(メナジオン)に付いて

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 欠乏症

☆ お腹の病気、スプルー(脂肪性下痢、脂肪便症)、大腸炎など。

※ 沢山含んでいる自然の食品

☆ 緑色葉野菜、納豆、ヨーグルト、卵黄、紅花油、大豆油、魚の肝油、海藻。

※ サプリメント

☆ 100mgの錠剤があります(しかし、ビタミンKは自然の食品の中に十分に
  含まれているので一般的に言ってサプリメントを摂る必要はりません)。

☆ 普通のマルチ・ビタミンには含まれていません。

[PR]
by kairopapa | 2007-04-21 15:40 | 日常生活 | Comments(0)