カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
コメ返ありがとうござ..
by まー at 21:21
まー さん...始めまし..
by kairopapa at 19:29
高校1年です。 乳..
by まー at 16:33
りんどうさま... 現..
by kairopapa at 02:15
釣りが息抜きなんですね。..
by pote.myan at 22:34
pote.myanさん..
by kairopapa at 02:39
こんばんは。 お邪魔し..
by pote.myan at 22:57
素敵なブログですね。 ..
by mymyspirit at 19:50
マッちゃん....お疲れ..
by kairopapa at 10:16
こんばんわ~。 中..
by matsu-karu at 21:56
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい
 時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから
 得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。


☆ウイルソン病の方には銅の毒性が出やすい。

☆コバルトの過剰は甲状腺肥大の原因になります。

☆甲状腺の治療で投薬を受けている方はケルプ(褐藻)が影響を及ぼす事を知って
 おきましょう。薬とケルプの両方を摂っている方は医師に相談をして再検査をして
 もらう方が良い。薬の量を減らす事になるかも知れません。


☆多量の生のキャベツはヨウ素を欠乏させます。そして、ヨウ素の摂取量が少ない方
 の場合、甲状腺によるホルモンの正常な産出が出来なくなります。


☆カキ殻、苦灰石(ドロマイト)、ボ-ン・ミ-ルは、よいカルシウム源だが、鉛やその他 の有害物質を含んでいる物があります。

☆合成のビタミンDを含んでいるミルクは、体のマグネシウムを激減させます。

☆コーヒー、紅茶、コ-ラを多量に飲む方は、カフェインがイノシト-ルの不足を招く事 を知っておきましょう。
[PR]
by kairopapa | 2006-11-30 19:21 | 日常生活 | Comments(0)
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい
 時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから
 得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。


☆マンガンを摂り過ぎると体の使える鉄が減ります。

☆マンガンの多量摂取は、人によって運動困難や衰弱の原因に成る事がある。

☆高脂肪食はリンの吸収を高めて、体内のカルシウム量を減らします。

☆抗アルドステロン性利尿降圧剤のスピロノラクトンを飲んでる方は、
 高カリウム血症、低ナトリウム血症が起きる可能性があるので医師に正しい
 サプリメントの摂り方を相談する様にして下さい。


☆汗をかき過ぎるとナトリウムが激減します。

☆ナトリウムを摂り過ぎるとカリウムが失われる原因になります。

☆過剰な亜鉛の摂取は鉄と銅を失う事になります。

☆亜鉛を追加する場合は、ビタミンAが十分に摂れているか?如何かを確かめる必要 があります。

[PR]
by kairopapa | 2006-11-30 01:13 | 日常生活 | Comments(0)
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。


※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい
 時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから
 得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。


☆犬猫にはナイアシンを与えてはいけません。発汗と潮紅の原因に成ります、動物に 大きな不快感を与える事に成ります。獣医の指示以外は、ペットにビタミンAと
 ビタミンDのサプリメントは与えない様にする事。


☆過剰なPABA(パラアミノ安息香酸)は人によって肝臓、腎臓、心臓に好くない影響を 及ぼします。

☆鎌状赤血球貧血、ヘモクルマト-シス(鉄代謝異常)、サラセミアの方は鉄を摂って
 はいけません。


☆貴女(方)の摂っている鉄のサプリメントが硫酸第一鉄の場合は、ビタミンEの損失が
 生じます。


☆多量のカフェインは鉄の吸収を阻害します。

☆腎機能不全の方は、1日当り3.000mg以上のマグネシウムを摂ってはいけません。
[PR]
by kairopapa | 2006-11-29 14:29 | 日常生活 | Comments(0)
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい
 時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから
 得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。


☆葉酸を長期に渡って多量に摂る事は、痙攣の病歴のある方及びホルモンに関連
 した癌の方には勧められません。


☆ビタミンKを大量に摂ると体内に溜って赤血球を壊して貧血を招く原因となります。

☆葉酸のサプリメントは、抗癲癇剤のフェニトイン(製品名アレビアチン他)を飲んでいる
 方には禁忌です。


☆血液の粘度を下げる薬のワ-ファリンを飲んでいる方は、合成のビタミンKは薬の
 効力を無くさせる事を知っておきましょう。逆に又この薬は天然のビタミンKの吸収を
 妨げます。


☆ビタミンKを摂り過ぎると、発汗、潮紅(一過性の紅班)が起きます。

☆重度の糖尿病、緑内障、消化性潰瘍、肝機能障害、痛風の方は、ナイアシン摂取
 は慎重でなくてはならない。

[PR]
by kairopapa | 2006-11-27 23:39 | 日常生活 | Comments(0)
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。


☆甲状腺機能亢進症、糖尿病、高血圧、リウマチ性心臓病の方は、ビタミンEの
 使用は慎重に摂る様にしましょう(この様な病気を持っている方は
 少ない量から始めて下さい。1日当り100IU単位で月ごとに増やして、最終的には
 1日当り400~800IUにする)。


☆リウマチ性心臓炎に苦しんでいる方は、心臓の左右房のあいだにインバランスが
 ある事を知っておくべきだが、多量のビタミンEは“その”インバランスを増大させ、
 状態を悪くする(サプリメントを使う前に医師に相談しましょう)。


☆ビタミンEは高血圧の方の場合、血圧を上げる。しかし、ビタミンEのサプリメンテイ
 ションを少ない量からスタ-トさせて、除々に増やしていけば、このビタミンの利尿
 薬的特性もあって最終的には、血圧が下がる結果となります。


☆糖尿病の方はビタミンEによってインスリンの量を減らす事が出来ます。医師に相談
 して下さい。


☆ビタミンEを減らす時も、除々に行う様にしよう。
[PR]
by kairopapa | 2006-11-27 03:02 | 日常生活 | Comments(0)
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。

☆体に過剰のビタミンDが多量に溜ると、血液中にカルシウムが増え過ぎる
 (高カルシウム血症)原因になります。


☆卵の白身を生で食べてはいけない、体内のピオチンの活性を失わせます。

☆多量のビタミンCは、抗凝血剤のワルファリンカリウム(製品名ワ-ファリン)の
 抗凝血活性を失わせる可能性があります。


☆糖尿病と心臓病の方がビタミンCを摂る場合は医師と相談してからにしましょう。
 ビタミンCによって薬品の投与量を減らす必要が出てきますので。


☆ビタミンCを大量に摂るとビタミンB12と葉酸が尿から多く排出されます。この2つの
 栄養素が少なくとも摂取勧告量は摂れているか確かめておく必要があります。


☆コリンの過剰な摂取が長期間に及ぶと、ビタミンB6の欠乏が起こります。

☆心臓に障害がある方は、医師に検査をしてもらい、ビタミンDの適切な摂取量の
 指示を受けましょう。

[PR]
by kairopapa | 2006-11-25 13:42 | 日常生活 | Comments(0)
貴女(方)が知っておきたいビタミンの“イエス”と“ノ-”

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ビタミンが我々に良い事は皆さん知っていますが、注意と特別の調整が望ましい時、状況、代謝の状態があります。次のリストに注意深く目を通して、ビタミンから得る物を最大にして、貴女(方)自身を健康で幸福な状態にして頂きたいものです。

☆皮膚病の治療でビタミンAの大量投与を受けている患者さんは、慢性的なビタミンA過剰症が起きます。ビタミンAに代えてべ-タ・カロチンで摂ると良い。

☆ビタミンAの欠乏はビタミンCの損失を招くきます。

☆妊娠中、特に妊娠の最初の3ヶ月間にビタミンAの大量摂取は異常出産の原因に成ります。
妊娠中はビタミンAの摂取を止めて、べ-タ・カロチンで摂ると良いでしょう。

☆ビタミンB1(チアミン)の供給過剰は、甲状腺ホルモンとインスリンの産出に影響します。又、ビタミンB6の欠乏の原因となり、その他のビタミンB群の損失を招きます。

☆ビタミンBのどれか1つを長期間摂り続けると、他のビタミンB群が激減します。

☆妊娠中に毎日ビタミンB6を50mg以上摂り始める場合は、医師に検査してもらい摂る様にしましょう。

☆パーキンソン病でL-ドパ(レポドパむ)療法を受けている方は、ビタミンB6を摂ってはいけません。

☆ビタミンB2(リポフラビン)の大量摂取は、特に抗酸化物質のサプリメントを摂らずに摂っている場合、太陽光線に対する過敏症の原因に成ります。

[PR]
by kairopapa | 2006-11-23 21:59 | 日常生活 | Comments(0)
ペットに関するQ&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【Q】「私は、コエンザイムQ10を摂っています。ずっと可愛がってる犬がいるのですが、この子にもコエンザイムQ10を与えても大丈夫でしょうか?彼女は10歳ですが」

【A】大丈夫どころか、大いにお勧めです。コエンザイムQ10は、安全で毒性の無い生命維持に欠かせない栄養素です。コエンザイムQ10がないと、貴女のワンちゃんの
細胞は正しく働きません。
犬は歳を取るにつれてコエンザイムQ10を作り出す量が少なくなりますから、
サプリメントを摂り始めるのにとても良いタイミングでしょう。


それは彼女の心臓、免疫システム、ストレスに対する抵抗力を強めます。サプリメントは、粉末がカプセルに入っている物と、ジェル・カプセルになっている物とがあります(ゼル・カプセルの方が高単位です)。小型から中型犬には1日10mg、大型と超大型犬には1日に30mgをお勧めします。食事に混ぜて与えて下さい。

【Q】「シャム猫を飼っていますが、田舎の家に連れて行くと、何時もクシャミをして、
痒がって、毛が抜けます。これはアレルギ-なんでしょうか?そうだとしたら何を
あげたらいいのでしょうか?」


【A】どうもその猫チャンは、田舎にお持ちの家の何か(塵、カビ、空気中の胞子など)にアレルギ-が有るようですね。ビタミンCは自然の抗ヒスタミン剤ですから、田舎に出かける前の少なくとも1ヶ月間と滞在中は、毎日100mgを与える事をお勧めします。

多分それで快適に過せるでしょう(猫用のビタミンCのサプリメントは、ペットショップや獣医のオフィスで売っています。自分が普段飲んでいるサプリメントを猫に与える飼い主が多いのですが、人間にはちょうど良い大きさのカプセルでも猫には大き過ぎたりします、ビタミンCの場合、アスコルビン酸の形の物だと酸性度が高いので猫の食道を荒らしてしまいます)。
[PR]
by kairopapa | 2006-11-22 20:05 | 日常生活 | Comments(0)
ペットも良い栄養を必要としている

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【猫に与えてはいけないハ-ブと薬

猫は人間と違い薬品やハ-ブに対して非常に異なった反応を起こします(例えば、
鎮静剤、鎮痛剤であるモルヒネは猫を興奮させる原因となります)。

人間には素晴らしい働きをするハ-ブも、貴女(方)の猫には害をもたらす
可能性があります。タイム、シナモン、ティ-ツリ-の様な、ベンゼン、ベンジン、
アルコ-ル、又はフェノ-ルを含でいるエッセンシャル・オイルは猫には
毒性を持っています。


だから口に入れさせてはいけない、皮膚に使ってもいけません、毛に付けても舐めて飲み込んでしまうのでダメです!。それ以外にも猫に与えてはいけないハ-ブは、
サリシンを多く含む物(西洋シロヤナギ)、タマリンを多く含む物(レッドクロ-バ-)、
甘草などがあります。


ノミを追い出す為に、ニンニクを猫に与えている事があるけれども、ニンニクやその
仲間の玉葱などを長期間与えていると猫は、貧血の原因になります。新しいハ-ブを猫に使う場合は、経験豊富な獣医に相談してから使用しましょう。

[PR]
by kairopapa | 2006-11-21 22:29 | 日常生活 | Comments(4)
ペットも良い栄養を必要としている

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【魚だけの食事は猫には健康ではありません!

マグロの身を猫に与え過ぎると、ビタミンEの欠乏が起きます。マグロに限らず、
魚だけの食事を猫に与えると、同じ様に欠乏が起きます。ビタミンEが欠乏すると、
食欲減退、発熱、痛み、そして脂肪組織炎の典型的な症状がでてきます。


症状が出てくると猫は、渋々動くようになります。その様な症状が起きたら
獣医に診て貰うべきだが、ビタミンEのサプリメント無しではマグロや魚等を与えない
事です。又、サプリメントとして魚の油は与えない事。


猫の食事のカルシウムとリンの比率は1対1程度にすべきです。それと十分な量のビタミンDが含まれている必要があります。缶詰のキャット・フ-ドには普通、ビタミンD源となる放射線を当てたイ-ストが加わっていますから、ビタミンDのサプリメントは必要ありません。
それに与え過ぎると危険です。

猫の貧血には、猫用に特別に作られている鉄入りのマルチ・ビタミンが与えられる
事が多い。ただ猫は、加熱した筋肉、生肉、内臓肉、加熱した肉、加熱した鶏肉又は缶詰の鶏肉、魚、ビタミンを補強したシリアル、そして野菜を含むバランスの良い食事を与えていれば貧血になる事はありませんが、稀になることがあります。


妊娠中、授乳中の猫は、2倍の量の食事を摂る事を頭に入れておきましょう。体重が2~3kgの平均的な猫は、1日に280~420g食べて、ビタミンの必要量は2倍から3倍に成ります。
[PR]
by kairopapa | 2006-11-20 19:24 | 日常生活 | Comments(2)