カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日常生活( 1946 )
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(2) 漢方医学って何に?

③ なぜ!病気になるの?
【内 因】


七情とは...出やすい症状・病気

(き)喜...喜び過ぎて『はしゃいだり』 『しゃべり過ぎたり』すると、『心の陽気』を消耗する。
       『心』とは『心臓』 血液を全身へと巡らす 『脈』をコントロールするだけでなく、
       『こころ』を含めた精神の中心であるとされる。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       動悸、息切れ、物忘れ、不眠、頭痛、ヒステリー、月経不順など

(ど)怒...『イライラ』や『怒り』の度が過ぎると、『(かん)肝』に影響を及ぼすとされる。
       肝は精神活動の安定化や、栄養素の代謝と解毒、血液の貯蔵と循環などの
       働き、女性の生理現象に伴う様々な症状と深い関係があるとされている。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       イライラ、ヒステリー、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、ほてり、手足の冷え、
       神経痛、月経不順、便秘、下痢、脱毛症など


(ゆう)憂..気が沈んだ状態である憂の度が過ぎると、外部から『気(主に陽気)』を取り入れ、
       全身へと送る『肺』が傷付けられる。『肺』は『呼吸』を司るところで、『肺』で取り入
       れられた『気』を『血』と共に体の隅々まで行き渡らせる。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       髪の艶が失われる、肌荒れ、咳、喉の痛み、鼻づまり、息切れ、下痢、倦怠感、
       頭痛、食欲不振など
 

(し)思...1つのことや些細な事にこだわり考え過ぎたりすると『(ひ)脾』を病む。『脾』は、
       食物を消化・吸収し、栄養分を血液と共に全身へと運ぶ機能全般のことで、
       その機能が低下すれば、栄養分が体に行き渡らなくなる為、血液中の栄養不足
       による様々なトラブルが生じる。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       下痢、便秘、胃痛、消化不良、食欲不振、肌のくすみ、むくみ、足腰の冷え、
        不眠、月経不順、月経痛、閉経、不妊など


(ひ)悲...極度に悲しみ、沈んだ状態で、この状態が続くと鬱屈(うっくつ)し、生命エネルギー
       である 『気』 を消失させる。『悲』が『憂』 『思』 へと変化していく事もある。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       意欲が湧かない、頭痛、咳、喉の痛み、鼻づまり、息切れ、倦怠感、食欲不振、
       肌荒れ、下痢、便秘、月経不順など
  
(きょう)
  恐...
恐れの感情は 『心』 を緊張・萎縮させ、免疫力を低下させる。
       あまりに強い恐れは 『腎(じん)』 を損なう。 『腎』 は成長・発育といった
       生命活動の為のエネルギーを作ったり、生殖の為の精気を生み養ったりする。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       意欲減退、思考力の低下、めまい、立ちくらみ、頭痛、頭重、物忘れ、腰痛、
       冷え、むくみ、月経不順、不妊、閉経、食欲不振、下痢、便秘など

(きょう)
  驚...
突然に状況変化が生じ、精神に極度の緊張が起こり、激しく精神、感情が
       かき乱される。 『驚』 は生命活動のエネルギーを生み養う 『腎』 
       を損なうとされる。
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       動悸、息切れ、不安、落ち込み、ノイローゼ、意欲減退、不眠、冷え、月経不順、
       不妊、閉経、精力減退など

[PR]
by kairopapa | 2012-03-15 23:34 | 日常生活
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(2) 漢方医学って何に?

③ なぜ!病気になるの?

【内 因】


内因とは、感情の変動や精神的な疲労のことを指します。日常生活の中でも 『精神的ストレス』 が溜まると、体の抵抗力が低下したり、病気を招きやすくなったりした経験があるかと思います。

では、人間には具体的にどのような感情があるのでしょうか。
漢方医学では、『喜』 『怒』 『憂』 『思』 『悲』 『恐』 『驚』 を 『七情(しちじょう)』 (7つの感情) といいます。

感情というものは、生活のさまざまな場面で変化するものです。適度な感情の起伏は、人生にメリハリをもたらしますが...

度が過ぎたり、不足したりする状態が長時間持続すると体に害が及ぼすと考えられています。

このように、感情の乱れ (精神的活動のアンバランス) が原因で病気になる時、これら 『七情』 を病気の原因として内因といいます。

[PR]
by kairopapa | 2012-03-14 19:49 | 日常生活
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(2) 漢方医学って何に?

③ なぜ!病気になるの?

【外因】


外因とは、季節の変化や自然現象のことを指しています。自然界には、『風』 『寒』 『暑』 『湿』 『燥』 『火』という6つの状態(六気) があり...
 
これが過剰になったり、体の抵抗力が低下したりすると、邪気となって人体に侵入して病気を引き起こすと考えられています。


六 気    意味       出やすい症状・病気
(ふうじや)
 風  邪
   どこからか移動してくるもの、  目に見えない伝染病(細菌・ウイルス)による
                 空気の流れ     発熱、頭痛、鼻水、発疹、痛みなど

(かんじゃ)
 寒 邪 
   寒さ、冷え              悪寒、発熱、頭痛、手や足腰の簸え痛み、
                                              腹痛、下痢など

(しょじゃ)
 暑 邪
   温度の上昇、       、     高熱、口の渇き、多汗あるいは無汗、頭痛
        過度な高温環境                      イライラ、熱中症など
   

(しつじゃ)
 湿 邪
   湿気や水分の多い       体内の水分がうまく排出されない、食欲不振、
         生活環境            消化不良、お腹の張り、湿疹、関節の痛みなど


(そうじゃ)
 燥 邪
    乾燥                体内の水分不足、鼻腔乾燥、鼻血、
                            口の渇き、唇の荒れ、喉の乾燥や痛み
                                  、皮膚の乾燥、咳など
 

(かじゃ)
火 邪
     高温                皮膚の炎症、火傷など
[PR]
by kairopapa | 2012-03-13 01:43 | 日常生活
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(2) 漢方医学って何に?

③ なぜ!病気になるの?


西洋医学では、病気の原因を細菌やウイルス、または遺伝子の異常などであると考えます。では、漢方医学では病気の原因をどのように考えているのでしょうか。

先述の通り、漢方医学では 『病気』 は全身のバランスが崩れて起こるものと考えます。

そして、その状態を引き起こし、悪化させる原因を外因、内因、不内外因の3つに分類しています。

私達が生まれながらにして持つ体質がこの3つの原因に影響され、体調を崩すと考えられているのです。


【外因】

外因とは、季節の変化や自然現象のことを指しています。自然界には、『風』 『寒』 『暑』 『湿』 『燥』 『火』という6つの状態(六気) があり..
 
これが過剰になったり、体の抵抗力が低下したりすると、邪気となって人体に侵入して病気を引き起こすと考えられています。
[PR]
by kairopapa | 2012-03-12 13:50 | 日常生活
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(2) 漢方医学って何に?

② 『病名』 が知りたい西洋医学と
      『証(しょう)』 が知りたい漢方医学


次に、漢方医学の特徴を西洋医学と比較することでみていきましょう。

先ず、漢方医学と西洋医学は、『病気に対する認識』 が違います。漢方医学は全体の 『証』 を診る医療、西洋医学は局所の 『病名』 を診る医療です。

西洋医学では、まず患者の訴えを聞き、科学的に基づいた視点から 『病気』 という局所を分類し、画像診断 (CTスキャン、レントゲン、超音波画像など)や...

検査 (血液、尿など) などで鑑別を重ね、消去法で 『病名』 を追い詰めていきます。そして、病名が確定すれば治療内容もほぼ決まります。

西洋医学の治療では、薬を処方する事で病気を治したり、病巣を外科的に取り除いたりしますが、副作用・術後の回復に問題が残ります。

そして、極端に言えば、病名が決まらないと 『原因不明』 として治療が出来ないこともあります。

漢方医学は、体全体を大きな有機体として捉え、一つ一つの臓器や組織は独立したものではなく、連携をしあいながら機能しているという 『心身一体』 の考えで成り立っています。

そのため、漢方医学では、患者の体全体を総合的に判断し、病名よりも患者の 『証』 見極めを重要視します。

患者一人一人の体質や病態には個性があり、その特徴が 『証』 として症例に現れる為、それらを見逃さないように全身をくまなく観察するのです。

それを鑑定し、病態の変化に応じて細かく処方をアレンジしていきます。勿論、『証』 が違えば、西洋医学で言う 『病名』 が同じ同士でも、異なる処方になることがあります。

そして、体全体の歪みを正し、病気に対する免疫力や自然治癒力を引き出し、病気を治していくのが漢方医学の特徴といえます。

漢方医学はクオリティー・オブ・ライフ (生活の質) を高めて、普段通りの生活を大切にしながら治療することで、何千年も病気を治してきたという点で、 『臨床・経験医学』 ともいわれます。

[PR]
by kairopapa | 2012-03-10 09:08 | 日常生活
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(2) 漢方医学って何に?

① 東洋医学?中医学?漢方医学?


今回は、主に 『漢方医学』 について取り上げたいと思いますが、他にも 『東洋医学』 や 『中医学』 など様々な名称があり、混同しがちです。先ずは、これらの違いについて確認していきましょう。

東洋医学とは、言葉の通り中国のみならず西アジア、インド、東南アジアなどかなり広範囲の医学を指しています。

東洋医学の主流と位置づけられているのが、インド古典医学 (アーユルブェーダ)、中国医学、チベット医学の3つです。

中医学と漢方医学は、生まれは中国医学 (中国の伝統医学) ですが、『中医学』 は中国で育ち、『漢方医学』 は日本で育ったという違いがあります。

古代中国で発祥した中国医学が日本に伝来したのは、5~6世紀頃だといわれています。

10世紀頃から日本の風土・気候や日本人の体質に合わせて独自に発展、体系化され、現在の 『漢方医学』 へと継承されてされています。

現代では、漢方エキス製剤が健康保険の適用になるなど、広く見直され始めました。

この漢方医学で使用される薬は、漢方薬と呼ぶのが正式ですが、慣用的に 『漢方』 と称することもあります。

一方の中国でも、伝統医学を統合し、西洋医学も融合した 『中医学』 が体系化され、独自の進化を遂げています。

なお、『西洋医学』 にもアロマテラピーやホメオパシーなどの伝統医学があります。

ですから、現在病院などで主に受けている医学は、厳密にいゆうと 『現代西洋医学』 になります。(ここでは、現代西洋医学を西洋医学と表現しています)

[PR]
by kairopapa | 2012-03-08 14:17 | 日常生活
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪1、漢方のススメ≫

(1) 今、見直される 『漢方医学』 の力


医学や科学は日進月歩の世界で、昔は不治の病と考えられていた病気も、今では治るようになるなど、目覚しい進歩を遂げています。

その一方で、 『古臭い』 と思われていた漢方医学が、世界的に注目される存在となっています。

日本においても、20~30代の女性が 『漢方ブティック』 と呼ばれる、新しいタイプの漢方薬局に気軽に立ち寄る姿が見受けられます。


なぜ、今 『漢方医学』 が見直されているのでしょうか...?

漢方医学や西洋医学は、それぞれ長所・短所があり、得意・不得意な分野を持っています。

西洋医学では解明されていない病気や寛治の難しい病気、不定愁訴(ふていしゅうそ)などに、漢方薬が効果を発揮するケースが多くなっている事が、その理由の1つといえるでしょう。

西洋医学の抱えている問題が、限界や壁に突き当たったり、それを補う新しい方法を求めた結果として 『漢方医学』 が注目され始めといえるではないでしょうか。

現在、日本の多くの病院で漢方医学の考え方が取り入れられ、漢方薬が処方されています。アメリカでも代替医学局が設立され...

漢方医学をはじめとする西洋医学以外の様々な療法の研究が活発になっているのです。


21 世紀は、漢方医学と西洋医学を融合させて、それぞれの利点を生かしていくホリスティク医療(ギリシャ語で「全体」を意味するホロスから来た語)の世紀だといわれています。

多彩なライフスタイルが確立される中で、ご自身の生活にも漢方医学のオーダーメイドな視点や知恵を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は、まず漢方医学の基礎知識を身に付けて頂きたいと思います。

[PR]
by kairopapa | 2012-03-07 01:00 | 日常生活
あなたは自分の健康に幾ら払いますか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

5、綺麗でいる為には?

(3) 日常生活の中で


お金をかけて、クリニックや美容皮膚科へ通わなくても自宅で出来ることもたくさんあります。

アンチエイジングには、毎日自分の身体の様々な箇所をチェックするなど自己管理が大切です。費用としては無料のものもおおいですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

顔色、口臭、舌、目、浮腫み等、何かサインが出ていないかチェックする。

毎朝決まった時間に体重や血圧を測る。水分をキチンと取る。

快適な睡眠を取る。歯を磨き、歯の健康を維持する。

ストレッチやウォーキングをする。恋をする。    などなど

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかがでしたか?今回は健康を費用の面から考えてみました。ご紹介した例や金額は簡略化していますし、あくまでも一例に過ぎません。

病気予防やアンチエイジングへのお金のかけ方は個人の価値観によっても違いますし、お金をかけない方法も数限りなくあります。

しかし、医療機関を受診したら領収書を確認する、病気の治療費に関心をもつなど、ご自身のライフスタイルを見直される良いきっかけとなれば嬉しく思います。

命も時間もお金では買えません。あなたが病気になれば大切な人は悲しむでしょう...

できる事から心掛け、それぞれの人生を経済的にも、内面外面的にもより健康で若々しく楽しいものにしていきたいですね。

[PR]
by kairopapa | 2012-03-01 15:31 | 日常生活
あなたは自分の健康に幾ら払いますか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

5、綺麗でいる為には?

(2) 美容皮膚科治療


人は誰でも、年齢を重ねるに従って、顔にシワ、シミ、タルミなどが増えてきます。女性だけでなく、男性でも誰も、いつまでもシミなどがない美しい自分でいたいと思うでしょう。

最近では、シミのレザー治療など、美容皮膚科の切らない治療も話題になっています。

昔は高額なもの、近寄りがたいものというイメージもありましたが、皮膚科で保険が利くものもあり、種類も豊富です。

デトックスの方法とて、ゲルマニューム温浴20分で2.000円といったものも人気ですね...


≪美容治療 例≫

項 目           内 容                   施術料
  

ルビーレザー     シミ・浅く小さなホクロ          1ショット (5cm)  620円

イオン導入       シミ・シワ・ニキビ・キメ         1回 (30分)    2625円

超音波導入      クスミ・小ジワ・乾燥肌・ニキビ     1回 (30分)    5250円

アミノ酸 注射     アンチエイジング・美肌・疲労回復   注 射        3150円
      点滴                             点 滴       6300円 

CO2レザー      ホクロ                     1回 5000円~10000円 

ケミカルピーリング  シミ・シワ・ニキビ・毛穴・クスミ      1回 顔全体   12600円

フォトスキンセラピー シワ・タルミ・シミ・クスミ          1回 (30分)   15750円

エンダモロジー    セルライト・局部脂肪・体液循環     1回 (35分)   18900円

ボトックス注射     シワ(表情を作った時に出現するシワ) パーツごと    63000円

プロベシア(内服薬)  男性型脱毛・薄毛             1ヶ月 (28日分) 8000円

[PR]
by kairopapa | 2012-02-29 12:41 | 日常生活
あなたは自分の健康に幾ら払いますか?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

5、綺麗でいる為には?

(1) アンチエイジングドック

≪アンチエイジングドック 例≫


項  目                  内  容

ボディバランス       ウエスト・ヒップ比や基礎代謝量を調べる検査

肥満測定          セルライトの出来やすい部位に測定シールを貼り、セルライトを
                 調べる検査

肌年齢            UV写真を撮り、隠れたシミを調べる検査
 
血管老化度        血圧脈波検査 注1) により動脈硬化度や血管年齢を測定し判定

血液老化度        血液中の脂肪酵素 (VLDLなど) を調べる検査

骨年齢           骨塩定量を測定して骨粗鬆症のリスクを調べる検査

脳年齢           判定プログラムを使って脳ストレスを調べる検査

活性酸素         僅かな血液から酸化ストレスを調べる検査

免疫機能         暗視野顕微鏡を用いて血中細胞を調べる検査

疲労・ストレス      判定プログラムを使って総合的な疲労度ストレスを調べる検査

尿一般           尿に含まれるブドウ糖量を調べる検査 (尿糖検査)   

糖代謝           ブドウ糖濃度を評価し、糖尿病及び合併症のリスクを調べる検査

毛髪ミネラル       毛髪に蓄積された水銀や鉛、砒素、カドミウムなどを含む26項目の
               ミネラルを調べる検査 (尿ミネラル検査も一般的)

ホルモン濃度      採血や唾液からIGF‐Ⅰ、DHEA、コルチゾール、甲状腺ホルモン、
              男性ホルモン(テストステロン)、女性ホルモン(プロゲステロンなど)の
              濃度を調べる検査

血液一般        採血による血液検査

ビタミンバランス    ビタミンC、葉酸、ビタミンB12などの血中濃度を調べる検査


注1)  心電図と手足の血圧、脈波 (血管の壁を伝わる波) を同時に測定し、コンピュー
     ターで解析します。測定項目はPWVとABⅠの2つがあります。


    ● PWV 全身の動脈硬化度、血管年齢を測定し判定。
    ● ABI  腕の血圧と足の血圧との比を計算する事により求められます。ABI 値の
          低下の程度により下肢の血行障害の診断とその重症度が判断できます。

[PR]
by kairopapa | 2012-02-27 16:17 | 日常生活