カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
薬好きが病気を作る

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 怖いアスピリンの副作用を利用した治療法

古典的な解熱・鎮痛剤にアスピリンがあります。様々な解熱・鎮痛剤が新たに研究・開発されてもなお生き残っているアスピリンは、安価で効能も十分な薬といえます。

解熱・鎮痛剤に共通する副作用胃痛、胃潰瘍を起こす事がある点です。其れを防ぐ為に、アスピリンをコーティングして、副作用を緩衝(buffer)したのがバファリン(buffein)で、その中身はアスピリンです。

アスピリンのもう一つの副作用は「出血傾向」があります。つまり、アスピリンを服用中に外傷などを負うと出血が止まり難く、胃・十二指腸に潰瘍をつくり、出血を惹起(じゃっき)しやすくなります。

この「出血を来し易い」という副作用を逆手に取ったのが、脳血栓患者や心筋梗塞患者の再発防止に使う小児用バファリンです。

「小児用」は、アスピリンの量を少なめにしてあり、上記に挙げた副作用を少なくする目的がある。


血栓予防の為に使われる「小児用バファリン療法」は、言ってみれば「毒をもって毒を制す」という西洋医学的な治療法を象徴している療法といえます。   続きは次へ
[PR]
by kairopapa | 2008-09-01 10:36 | 日常生活