カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
蛋白質と、驚くべきアミノ酸のQ&A

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

【Q】
私は痙攣を起し易く、1年前から医師に抗痙攣薬のフェニトインの投薬を受けています。最近、友人からタウリンの事を聞きました。彼女が言うにはタウリンは非必須アミノ酸で、フェニトインと同じ効果をもたらしてくれる自然の物なのだそうです。その事に付いて知りたいのですが、非必須なのに何故必要なのでしょうか、又、どうしてそれは効くのでしょうか。

《A》
先ず大きな誤解から答えたいと思います。非必須アミノ酸は不必要を意味する物ではありません。全てのアミノ酸は必要なのです。全てのアミノ酸が必要であって、効率的な蛋白質の合成が行えるだけの十分な量が体内では合成できない為に必須と考えられているのが必須アミノ酸です。

この必須アミノ酸のどれか一つ食事で供給されなくても、それが少ないか又は欠けているのに、応じた割合で他の全てのアミノ酸が体内で蛋白質の合成には使えなくなります。つまり、その割合に応じて減ってしまうのと同じ事になるのです。

抗痙攣薬の代わりにタウリンを使うかどうかに付いては、貴女の医師が決定する事です。私は
タウリンとグルタミン酸とアスパラギン酸を組み合わせて摂った場合には良い成績が上がっている事が報告されていますが、医師に相談せずに摂る事はお勧め出来ません

[PR]
by kairopapa | 2007-07-05 11:44 | 日常生活