カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
四季折々の過ごし方

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

1、養生の基本
(1) 養生法の3つの原則
~~~~~~~~~~~~

● 『陰陽』


体の内外、お腹側と背中側、内臓(五臓と六腑)などは、陰と陽という一対のものから成り立っていると考えられています。

陰は静的なイメージ、陽は動的なイメージというように相反する性質を持ち、2つがどちらかに偏ることなく、バランスを保っていると、健康体を維持することが出来ると考えられています。


● 『五臓六腑』

東洋医学では、人体の生理作用は五臓六腑といわれる内臓器を中心に行われています。五臓とは 『肝』 『心』 『脾』 『肺』 『腎』 の総称です。

六腑とは 『胆』 『小腸』 『胃』 『大腸』 『膀胱』 『三焦(さんしょう)』 の総称です。


五臓六腑の働きを大まかにいうと、『五臓』 は栄養を基に気・血・水(津液)を作って貯えるところ、『六腑』は食べ物から栄養素を消化吸収するところとされています。

私達が毎日健康に生きていく為には、呼吸、消化吸収、血液循環、新陳代謝、心の働きなど、様々な生理機能が正常に働くことが必要です。

古代中国人は、この生命を支える生理機能を大きく 5つのグループに分け、それを 『肝』 『心』 『脾』 『肺』 『腎』 という5つの営みと捉えました。

つまり 『五臓』 とは、個々の臓器を指すのではなく、1つのまとまりを持った生体の働きを指すのです。

例えば、ほぼ呼吸器系の機能に相当するのが肺の機能です。

西洋医学では解剖学をベースにした肺臓という臓器のことを指しますが...

東洋医学でいう肺は、鼻、咽頭、気管、気管支、肺胞、更に皮膚呼吸を加えた皮膚、毛穴、それに汗腺など、呼吸に必要な全ての器官を指します。

このように、五臓の 『肝』 『心』 『脾』 『肺』 『腎』 は西洋医学の肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓と同じ名前であっても違う捉え方をするので注意をしましょう。

また、五臓は各器官が互いに協力し合って機能し、五臓六腑もそれぞれが単独に機能するものではなく、対応する臓と腑が協力し合って機能します。

対応するのは、肝と胆、心と小腸、脾と胃、肺と大腸、腎と膀胱です。それぞれが一定の関係で経絡(けいらく)で繋がっています。

六腑の三焦は気や津液の通路で、気化作用が行われる場所でもあります。

その為、ある1つの臓腑の働きが悪くなると、関連する別の臓腑の調子が悪くなりやすいのです。

[PR]
by kairopapa | 2012-07-07 10:20 | 日常生活