カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
漢方医学の基礎知識

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

≪2、『証』 を知る診察法≫

(1) 漢方医学のモノサシ

② 証を診立てるモノサシ


〔寒・熱〕

寒・熱とは、病状の性質を示すモノサシです。

漢方医学でいう寒・熱は、体温計で測る熱のことではありません。

本人が寒く感じるか、熱く感じるかということです。例えば、風邪の発熱時にゾクゾクとする悪寒は、『寒』 です。

逆に、気温が低く熱がない時でも、喉が渇く、顔がほてる、冷たいものが欲しい場合は、『熱』 となります。

また、顔はほてるのに手足は冷えるというように、体全体の寒熱と部分的な混ざり合った状態で存在する事もあります。

〔表・裏〕

表・裏とは、病気が体のどこに出ているかを把握するモノサシです。

漢方医学では、人間の体は三層からなっていると考えます。皮膚や神経、筋肉、関節などの表層部分を 『表(ひょう)』、

胃や腸などの消化管を 『裏(り)』、肺や肝臓、心臓など表と裏の間にある部分を 『半表半裏(はんびょうはんり)』 といいます。


例えば、内臓に異常がなく、発熱などの表面の症状だけの時は 『表証』 といい、便秘などの裏の症状の時は 『裏証』 といいます。

また、表・裏は病気の進行状況を知るモノサシでもあります。

一般に、病気は体の 『表』 から入り、深部である 『裏』 へと進行していくと考えられています。

例えば、風邪のひき始めで、発熱など風邪の病邪が表面付近に侵入したての状態は 『表』、進行して喉の痛みが出るなど表と裏の中間まで入り込んだ状態は 『半表半裏』...

下痢など体の裏側や奥に入った状態は 『裏』 とされ、同じ風邪でもそれぞれに合った治療か゛必要になります。

[PR]
by kairopapa | 2012-03-26 13:25 | 日常生活