カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
気になる症状で免疫力チェック

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

☆ アレルギー反応は・・・【免疫バランスの崩れ】

免疫バランスとは、ヘルパーT1細胞とT2細胞の勢力争いです。ヘルパーT1細胞もT2細胞も、異物を排除する働きを持つ大切な免疫細胞です。

ヘルパーT細胞は、敵の侵入を感知して、他の細胞に指令を出す役割を持っています。しかし、ヘルパーT1細胞とT2細胞では呼び出す細胞が異なり、

どちらかが優勢になると、もう一方は劣勢になるという特徴があります。この勢力争いが 『免疫バランス』 ということになるのです。

このバランスはT1細胞:T2細胞=10:1 程度が理想的です。T1細胞が優勢で、キラーT細胞をたくさん呼び出せれば、免疫バランスが良く、病原菌を撃退する力が強い状態です。

しかし、T2細胞が優位な状態に傾くと、B細胞を活性化し過ぎて、花粉、ホコリ、食べ物など特定の異物に対する免疫反応が起こりやすくなります。

つまり、炎症を起こしたり、正常な細胞を傷付けたりして、アレルギー症状が起きやすくなってしまうのです。

また、ホコリやカビなどの抗原が身の回りに多いほど、免疫細胞がそれを抗原として認識する機会が増え、徐々にヘルパーT2細胞が優位となり、免疫バランスが乱れていきます。

一時的な炎症であれば、食事内容を変えたり、抗原となるホコリやカビ、化学物質などを遠ざけたりする事で、B 細胞の勢いを一時的に止める事ができます。


骨髄で生まれたT細胞達が、血管を通って、全身に散らばってゆきます。
              
T1細胞とT2細胞は、綱引きをするようにして、主導権を争っています。
              
T1細胞優勢の場合

T1細胞が優位の時はキラーT細胞が良く働いて、病気になり難い体質になります。

T2細胞優勢の場合
T2細胞が優位になると、B細胞が働き過ぎて、アレルギーの症状が出ます。
                
アレルギー

花粉症のクシャミの原因も、元を正せばT2細胞の過剰反応です。
花粉、ホコリ、食べ物など特定の異物に対する免疫反応。
過度の炎症となり、正常な細胞を傷付けてしまいす。

[PR]
by kairopapa | 2011-07-09 01:26 | 日常生活