カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
コメ返ありがとうござ..
by まー at 21:21
まー さん...始めまし..
by kairopapa at 19:29
高校1年です。 乳..
by まー at 16:33
りんどうさま... 現..
by kairopapa at 02:15
釣りが息抜きなんですね。..
by pote.myan at 22:34
pote.myanさん..
by kairopapa at 02:39
こんばんは。 お邪魔し..
by pote.myan at 22:57
素敵なブログですね。 ..
by mymyspirit at 19:50
マッちゃん....お疲れ..
by kairopapa at 10:16
こんばんわ~。 中..
by matsu-karu at 21:56
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
免疫力を発揮するのは白血球

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

(1) 免疫反応には時間差がある!

私達の体の中には沢山の免疫細胞がいます。マクロファージ、NK (ナチュラルキラー) 細胞など様々な種類の細胞達が、白血球というチームを組んで体を病気から守っています。

チームには、偵察役、伝達役、攻撃役などがおり、手を組んで、多様な敵に対応できるように、第 1 部隊と第 2 部隊に分かれて編成されています。


        2段階の免疫反応がある

免疫力には、どんな敵に対しても働く先天性の防衛反応と、特定の敵に対する後天性の防衛反応があります。

第1部隊の反応で倒せなかった異物には、リンパ球のチームワークで対処する。


0. 皮膚・体毛
白血球は存在せず、免疫反応は起きないが、異物の侵入を物理的に防ぐ。
※皮膚や体毛の水分を保持する事が、免疫以前の守りにつながる。

                

1. 先天性免疫
第1部隊による反応。全ての異物に対する攻撃で、範囲は広いが威力は弱い。
※ 異物のほとんどは、第1部隊によって除去される。
                
                

2. 獲得免疫
第2部族による反応、力の強い敵に対する攻撃で、範囲は狭いが、威力は強い。

目や鼻、皮膚などには、涙、鼻水、毛といった異物や病原菌が入り込まない物理的な仕組みがあります。

しかし、そこを打ち破って体内に異物や病原菌が侵入したら、第1部隊である樹状細胞(じゅしじょうさいぼう)やマクロファージが出動します。

この樹状細胞やマクロファージは 『食べる』 という原始的な方法で異物を処理します。

従って、両者は共に 『食細胞』 と呼ばれますが、樹状細胞は小食な為 『小食細胞』、マクロファージは大食漢な為 『大食細胞』 とも呼ばれます。

これらの食細胞の良い点は、異物なら何でも好き嫌いなく丸ごと食べてくれる事です。しかし、その際には同時に多くの活性酸素が発生する為、周囲の組織害を与え、炎症を引き起こす事にも繋がります。

第1部隊は体内に異物が侵入すると直に攻撃しますが、それと同時に敵 (抗原) の情報を第2部隊に伝える 『抗原提示』 という働きも行っています。

そして、その敵が自分達だけで倒せない場合には、第2部隊のリンパ球に応援を求める事になります。この働きにより、リンパ球は自分の敵だけを正確に攻撃していく事ができるのです。

[PR]
by kairopapa | 2011-06-23 08:51 | 日常生活 | Comments(0)