カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
癌(がん)て何だろうか?ガン細胞からのメッセージ!

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 第8章・・・今や重複ガンの時代!

☆ ガン転移のメカニズム《Ⅲ》


血管とリンパ管の違いは...大雑把に言えば、血管が上水道...リンパ管は下水道に例えられます。

リンパ管というのは、ガン細胞であれウイルスであれ...何でもかんでも受け入れてしまうわけで...ガンの転移も主としてリンパ系を通じて行われます。

リンパ管を通ってリンパ腺に到達して...そこで転移巣を形成します。

リンパ系というのは...免疫作用をつかさどっています。リンパ球はいわば液性免疫の産生原なのだから...ガン細胞がわざわざリンパ腺に入るのは間抜けの様に見えます。

たちまち免疫作用で殺されてしまうのではないかと思うのですが、実はそうではありません。ガン細胞はちゃんとリンパ腺に転移巣を作ってしまいます。

矛盾しているようですが、紛れもない事実なのです。どうやらリンパ球というのは、リンパ腺から外に出て、はじめて液性免疫力を発揮するのであって、リンパ腺の中にあっては、免疫力が弱いのではないかと考えられています。

リンパ球は、リンパ腺を出て血液中に流れ込むと、液性免疫の作用が強くなります。だから、むしろ血管の中に流れ込んだガン細胞は、リンパ球の液性免疫によって、他の臓器で増殖する能力を失うと見られています。

事実、検査してみると、ガンに罹った人の血中には、ガン細胞が個々に流れ込んでいる事が確かめられているが、そうそう体のあちこちに簡単に転移するものではありません。

ガン細胞が遊離して血管内に入り込み、血中を通じて標的細胞に定着して最終的に転移巣を作る確立は...0.5%位だとされています。かなり少ないようです。

血行性転移としては....胃ガンが這い肝臓に転移する例が多いようです。

[PR]
by kairopapa | 2011-01-26 19:41 | 日常生活