カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
頭痛て....何だ!?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 頭痛は怖い!

☆ 国際分類による頭痛の13項目


これまでの説明で、ひとくちに頭痛といっても、様々なタイプの物が含まれている事がお解かりいただけたと思います。

頭痛を学問として扱うには、頭痛を体系化して分類しなければなりません。かって頭痛の分類は、研究者の数と同じ数が有ると言われるほど千差万別でした。

それでは困るので1988年に国際頭痛学会による頭痛分類が発表されました。この分類を解説まで含めると!一冊の本になるほど膨大です。

だが、この分類は頭痛学の出発点になるので触れない訳にはいけません。皆さんはこの様な物があるという事を認識いただければ充分です。

国際分類によると頭痛は13項目に分かれます。
大まかには機能性頭痛と、症候性頭痛に分けられます。

機能性頭痛は1番から4番までが該当します。これには、①片頭痛、②緊張型頭痛、③群発頭痛の三大頭痛が含まれます。④は器質的病変を伴わない各種の頭痛。

一方、症候性頭痛には、外科的な対象となるもの⑤頭部外傷、⑥血管障害、⑦脳腫瘍など頭蓋内疾患による頭痛.....

そして内科的な治療の対象となるもの⑧原因物質のある頭痛(例として≒二日酔いの頭痛)、⑨感染症(例として≒髄膜炎)、⑩代謝障害による頭痛(例として≒低血糖)が含まれます。

その他の症候性頭痛としては⑪目・鼻・耳、口腔疾患による頭痛、⑫神経痛があります。⑬は分類できない頭痛です。

[PR]
by kairopapa | 2010-07-07 14:43 | 日常生活