カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
脂肪酸てなんだろう?

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ 脂質、脂肪酸の働きは

☆ 生活習慣病を増やさない
      脂質エネルギーの比率


労働厚生省は、1999年の『第六次改定日本人の栄養所要量』で、望ましい脂質エネルギー比率を次のように定めました。

1、脂質エネルギー比率を全摂取エネルギーの20~25%とし、これを超えない事が望ましい。

2、脂肪酸摂取の比率

 飽和:一価飽和:多価不飽和=3:4:3

 n-6系脂肪酸:n-3系列脂肪酸=4:1

3、コレステロールに付いて

高コレステロール血症体質の人は1日300mg以下にすることが望ましい。

上記の数値には、動物性脂肪やリノール酸などの健康上問題を含む油脂を摂り過ぎず、
魚や一価不飽和脂肪酸を積極的に摂るようにと言う意味が込められており、国民栄養調査に基づいて設定されたものです。

アメリカ人の脂質エネルギー比率は、40~50%で、それに由来する成人病が深刻になっています。日本人のn-6系とn-3系の比率は過去20年余り、ほぼ4.2対1を保ってきました。

脂質総摂取量もアメリカ人に比べたら〝かなり低く〟生活習慣病の状況も、だいぶん良い所にあります!?そこで、現状維持の線で定められた数値です。

しかし、欧米よりもましとはいえ、日本人の脂質エネルギー比率は上限の25%を超えています。しかも、子供からお年寄りまでを含めた数字ですから、

肉や加工食品を好み、ファーストフードや油で揚げたスナック菓子を多食するような人の脂質エネルギー比は相当高くなっていると思われます。

外食がち、肉類が大好きといった傾向にある人には、食品摂取のバランスに注意を払う必要があると思います。
[PR]
by kairopapa | 2010-02-19 09:56 | 日常生活