カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ミネラルの働きと特徴は? 

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

※ ケイ素

☆ ケイ素は体内で
     こんな作用をします


● 骨、腱、血管、歯、爪などの結合組織を強化します

● 動脈硬化を予防すると考えられています

☆ 結合組織を強化し、
不足すると爪が割れたり、髪が抜けやすい!


人にとっての必須性が明らかになりつつある元素の一つです。シリコンという名でも呼ばれています。結合組織を強くする働きがあると考えられています。

☆ 骨、歯、爪などに多い?

組織と組織を繋げるセメントの役を果たしているのは、コラーゲンです。ケイ素はコラーゲンを束ねて結合組織を強くすると考えられています。

実際、ケイ素は、人の体の中でも丈夫な組織である骨や腱、血管、歯、爪などに多く含まれています。

ケイ素が不足すると、爪が割れたり、髪が抜けやすく、皮膚が弛むなどの症状が現れる事が知られています。

高齢者の骨が脆くなるのも、ケイ素の不足が影響している可能性があると、指摘されています。

☆ 動脈硬化とケイ素

動脈硬化が進行した人の動脈には、健康な人の1/14のケイ素しか含まれていないという報告がされています。

血管はケイ素の多い組織ですが、歳をとると共に減少し、脂肪を沈着し易くするのではないかと考えられています。

☆ 多く含む食品は

食物繊維の一種であるペクチン、未精製の穀類、野菜や豆類などです。
[PR]
by kairopapa | 2009-12-25 02:03 | 日常生活