カイロパパの日記
yanatake.exblog.jp

カイロパパの仕事の事、日常生活
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
je-pu-pu 無料カウンタ


カイロパパのホームページです。


Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ベジライフ酵素液口コミ
from ベジライフ酵素液口コミ
酵素ドリンク口コミ
from 酵素ドリンク口コミ人気ランキング
便秘の悩みにこの一杯
from スッキリ紅茶
肩こりの原因・症状・予防
from 肩こり 解消法
慢性頭痛の原因と症状
from 頭痛解消法
食べ過ぎた後に飲むサプリ
from なかったコトに
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
癌と付き合う為の知識『癌は切るだけでは治らない』!

Blogランキングに参加しています。
クリックしてもらえると嬉しいです。

新陳代謝が亢進して、発熱・発汗し、痩せてくる病気であるバセドー病の人には、殆んどガン患者がいない事や、

昔、ローマの近くのボンティン沼の周辺住民は、沼に棲み付いていたマラリアを媒介する蚊にしょっちゅう刺されて

マラリアに罹っていた為に、ガンに罹る人が殆んどいなかった事、此処100年の間に、欧米の医学誌に載った「ガンが自然治癒した症例」

殆んど全て、丹毒(たんどく)や肺炎に罹患した患者さん達であった事などを見ても、ガンの予防・治療には、発熱がいかに大切かが解ります。

ガン患者さんの話を聞くと、殆んどの人が「ガンになる前は健康そのもので、風邪も引かず、ガンに罹った事が腑に落ちない」というような事を言われます。

昔、結核患者の人達にガンが少なく、それをヒントに丸山ワクチンが作られた様に、人並みに風邪を引いて発熱したり、下痢をして老廃物を出す事が、大病の予防に成るのかも知れません。

丹毒(たんどく)とは
化膿(かのう)菌の一つである連鎖球菌が皮膚に感染し真皮内に化膿性炎症をおこした疾患。

小外傷、熱傷、湿疹(しっしん)などが細菌の侵入門戸となる。顔と手足に好発し、悪寒、発熱を伴って皮膚に境界のはっきりした発赤と腫(は)れが生じ、

触れると硬く、灼熱(しゃくねつ)感と圧痛があり、リンパ節も腫れて痛む。病変は高熱とともに周囲に拡大する。粘膜の侵されたものや小児、高齢者に生じた場合は重症である。         

       続きは明日へ

[PR]
by kairopapa | 2009-02-09 02:30 | 日常生活